お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
静かな空間で大切な方を送る
自宅での葬儀とは
  • check_box

    定義: 自宅葬とは、故人の自宅で行う葬儀のことです。自宅の広い部屋に祭壇や柩、供物・供花などを設置し、通夜および葬儀・告別式を行います。

  • check_box

    メリット: 自宅葬の最大のメリットは、故人が住み慣れた家で最期を迎えることができる点です。また、時間を気にせず故人と過ごすことができ、自由度が高い葬儀を行うことが可能です。

  • check_box

    注意点: 自宅葬を行う際には、近所への配慮や自宅葬の準備・後片付け、自宅葬を行うスペースの確保など、いくつかの注意点があります。また、自宅が集合住宅であれば、規約を確認する必要があります。

家族や親しい人たちが集まり、自宅でお葬式を行う形式。静かな空間で大切な方を送る方法。
自宅葬のメリット

自宅葬のメリット

プライベートな空間で心に寄り添う

  • Point 01

    故人の意思の尊重

    故人が生前過ごした自宅で葬儀を行うことで、故人の意志を尊重することができます。

  • Point 02

    時間的自由度

    自宅葬では、時間を気にせずに故人と過ごすことができます。また、葬儀の進行も自由に決めることができるため、故人との別れをじっくりと行うことができます。

  • Point 03

    費用の節約

    自宅で葬儀を行うことで、葬儀場の使用料などの費用を節約することが可能です。ただし、自宅葬には準備や後片付けなど、手間がかかる面もありますので、その点は考慮が必要です。

自宅葬のデメリット

 自宅葬のデメリットには以下のようなものがあります。


 近隣住民への配慮: 自宅でお葬式を行う場合、まずご近所への配慮を考える必要があります。弔問客や棺の出入りや話し声がするため、あらかじめご近所へは声をかけておくことが必要です。


準備や後片付けの負担: 自宅葬では、料理や食器の用意、後片付けなどをすべて自分で行わなければいけません。これは精神的・肉体的に大きな負担となる可能性があります。


集合住宅での制限: 自宅がマンションやアパートのような集合住宅である場合、建物の規約により自宅葬が禁止されている可能性があります。そのため、自宅葬を行う前には必ず規約を確認する必要があります。

自宅で葬儀を執り行う際のスペース

自宅葬を行うためには、祭壇の設置に畳一畳分程度、参列者のために祭壇を含めて6畳ほどの広さ、そして僧侶を招く場合は更に一畳分ほどのスペースが必要とされています。これらのスペースを確保することで、故人を偲び、参列者が心地よく過ごし、僧侶が適切にお経をあげることが可能となります。自宅葬は、故人の生前の生活空間である自宅で行うため、その準備には十分な配慮が必要です。部屋の奥から祭壇→お棺→経机→僧侶の順となります。僧侶の後方へ遺族が座りますが6畳の部屋では僧侶以外に遺族が座れるスペースは多くて8人程とお考え下さい。また、僧侶が着替えをする為の部屋があると最良です。

駐車場と導線の確保

自宅葬を行う際には、駐車場と自宅内の導線の確保が重要な要素となります。まず、霊柩車や寺院、参列者のための駐車スペースを確保するために、近隣の駐車場を借りるか、公共交通機関の利用を促すなどの対策が必要です。また、自宅内では、参列者がスムーズに移動できるように、家具の配置を見直したり、一方通行の流れを作るなどの工夫が求められます。これらの準備を通じて、参列者が心静かに最後のお別れをすることができる環境を整えることが大切です。自宅葬は、故人との思い出のある場所で行うため、参列者にとっても心地よい空間作りを心掛けましょう。これらの対策を講じることで、故人を偲ぶ大切な時間を、より円滑に進めることができます。自宅葬の準備は大変ですが、故人を送り出す大切な儀式ですので、細部まで気を配ることが大切です。それぞれの状況に応じて、最適な準備を行いましょう。

葬儀社が自宅葬を断る理由

参列者の人数: ご自宅のスペースと会葬者の規模が合わない場合:会葬者の方が多く来られ道路に人が溢れたり、近隣からの苦情や通報につながる恐れがある場合。敷地が広くテントやパイプ椅子の用意が難しい場合も含みます。このような場合は葬儀専用の施設のご利用をお勧めいたします。


その他の理由: 集合住宅や賃貸物件であるなどの理由で「何かトラブルがあるとのちのち困りますので」と言われたり、階段が狭い、エレベーターに棺が乗らないなどの理由で断念せざるを得ないケースもあります。また、一戸建てでもお棺が出せない場合がございます。


ご自宅での葬儀をご検討の方は葬儀社と綿密な打ち合わせが必要です。

背景画像
自宅葬の準備ポイント
自宅葬の準備ポイント

自宅葬は、亡くなった方の自宅で葬儀を行う形式です。長年住み続けた我が家でゆっくりと故人を見送ることができるため、自宅葬を選ぶ方がいらっしゃいます。自宅葬を検討中の方にとって、以下のポイントを知っておくことが重要です。


スペースの準備: 自宅葬を行う部屋を決め、片付けをしておきましょう。広い平屋建ての家であれば、棺が置きやすい部屋を選ぶことが大切です。棺は大きいため、狭い廊下の角などは取り回しが難しいことがあります。玄関から式場の部屋まで棺を出し入れすることをイメージして、棺が入りやすい部屋を選びましょう。 部屋の中を片づけておくことも忘れずに。


式次第や演出の準備: 本人の略歴や幼少期からの写真を準備しておくと、感動的なエピソードを共有できます。自宅葬ならではのアットホームな雰囲気を大切にしましょう。


参列者やご近所に対する準備: 参列者リストを作成し、招待状を送るか、直接連絡を取ることを検討しましょう。自宅葬は身内や親しい友人が集まることが多いため、参列者とのコミュニケーションを大切にしましょう。


ご遺体の安置と納棺の儀式: 自宅で亡くなった場合は、かかりつけの医師または警察に連絡を入れてください。ご遺体を動かさずに安置し、死装束を着せて死化粧を施したり、納棺の儀式を行います。


自宅葬は、慣れ親しんだ家で最期を迎えることができるため、多くのメリットがあります。ただし、準備やマナーをしっかりと把握して、安心して葬儀を行いましょう。

川崎市川崎区での


自宅葬の実施可能性

川崎市川崎区で自宅葬を行うためには、近隣の理解が必要不可欠です。また、葬儀会社との連携やアドバイスを受けることでスムーズに自宅葬を実施することができます。川崎市川崎区では自宅葬を希望する方は減少しております。ご自宅での葬儀をご希望のご家族には地域密着型の葬儀会社がきめ細やかなサポートを提供しています。自宅葬は家族や親しい人たちとゆっくりと亡くなった方を想いながら送ることができるため、心地よい空間でお別れをすることができます。自宅葬の実施可能性を確認する際には、専門家のアドバイスを受けることで、より安心して準備を進めることができます。

川崎市川崎区での自宅葬の実施可能性
自宅葬を検討する際の注意点
お葬式を計画する際には、近隣への気配りや法的な制約、期間や参列者の制限など、様々なポイントを考慮する必要があります。まず近隣への気配りとして、葬儀や告別式が行われる場所や時間によっては、周囲の住民への迷惑が生じないよう配慮することが重要です。また、法的な制約として、自治体によっては葬儀や告別式の開催に関する規制がありますので、確認しておく必要があります。期間や参列者の制限についても、例えば斎場や火葬場の予約状況や、参列者の人数によって制限がある場合がありますので、事前に把握しておくことが大切です。こうしたポイントを踏まえて、円滑なお葬式の準備を進めることが重要です。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事