お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
大切な想いを永く伝える
納骨とは
  • check_box

    故人の冥福を祈る:納骨は、火葬された遺骨を骨壺に収め、お墓や納骨堂に安置することを指します。これは葬儀の最終仕上げとして故人の冥福を祈ることに意味があります。

  • check_box

    遺族の心の整理:納骨は遺族が故人の死を受け入れるための一区切りともなる大切な儀式です。遺族自身の手で終の棲家とも言えるお墓や納骨堂に故人を運ぶことで、故人が亡くなったことを受け入れる手助けにもなります。

  • check_box

    故人の存在の記憶:納骨は故人の存在を形として残すことができます。お墓や納骨堂に遺骨が安置されていることで、故人の存在を思い出すきっかけにもなります。

納骨の意味や背景について解説します。納骨の重要性や意義についても触れます。
納骨の流れ

納骨の流れ

スムーズな納骨のためのガイド

  • Point 01

    家族のみで納骨

    一部の家庭では、家族だけで故人の遺骨を墓地に納骨することがあります。特別な法事や儀式は行わず、家族だけで静かに納骨を行うケースです。

  • Point 02

    個別の納骨場所への納骨

    墓地以外の場所で納骨するケースもあります。例えば、納骨堂や樹木葬、自宅での手元供養などがあります。

  • Point 03

    墓地での納骨式

    一般的な流れとして、故人の遺骨を墓地に納骨する際には、納骨式を行います。納骨式では、仏教に基づいた読経やお焼香が行われ、故人の成仏を祈ります。

納骨式とは

 納骨式は、故人の遺骨を墓地に納める儀式を指します。一般的には仏教の伝統に基づいて行われ、読経やお焼香が行われます。納骨先は一般墓地の他、納骨堂や樹木葬、自宅での手元供養などでも行われます。納骨式のタイミングは四十九日法要の後が一般的ですが、故人の意志や家族の希望によって異なることがあります。納骨式は故人の成仏を祈り、故人を偲ぶ大切な儀式です。

納骨にかかる時間と流れ

納骨式にかかる時間は、一般的には約1時間から1時間30分程度です。

以下は、納骨式の一般的な流れになりますが、地域や宗教宗派によって異なる場合がありますので、事前に確認することをお勧めします。


・お寺到着、住職に挨拶

・本堂法要開始 

・本堂法要終了、墓前に移動 

・墓前にて納骨式開始 

・納骨室、納骨場所、彫刻済み戒名の確認

・住職の許可の下納骨作業開始

・読経開始、焼香、

・読経終了、法話

・墓前法要納骨式終了


納骨式の際には、遺骨、埋葬許可書、供花、お供物、位牌、お布施、塔婆代など、必要なものを準備する必要があります。また、納骨料や彫刻料などの費用も発生します。霊園で納骨式を行う場合は、本堂の代わりに管理事務所内の法要室で行うこともありますが、墓前法要のみの場合は、法要室のお経時間が省略されるため、約40〜50分程度に短縮されることもあります。 納骨式の日程や時間は、僧侶と石材店の都合も合わせて決める必要がありますので、事前にしっかりと計画を立てることが大切です。また、地域によっては納骨式の後に会食が行われることもあるため、その手配も必要になる場合があります。ご不明な点や具体的な手続きについては、お寺や霊園の管理事務所にご相談ください。

背景画像
納骨にかかる費用
納骨にかかる費用

墓誌への彫刻費用: 新しく納骨する方の命日と戒名を墓誌や墓石に彫刻する費用で、相場は5万円程度です。


納骨の作業費用: 遺骨をお墓に納める作業費用で、石材店に依頼する場合は5,000円からが相場です。


お供え物の購入費用: 納骨式で用意するお供え物の費用で、5,000円から1万円が目安です。


卒塔婆費用: 宗派によっては必要となる卒塔婆の費用で、3,000円から5,000円が相場です。


僧侶へのお布施: 納骨式で読経をしてもらう僧侶へのお布施で、3万円から5万円が必要です。


お車代と御膳料: 僧侶にお越しいただく際の交通費と食事代で、それぞれ5,000円から1万円が一般的です。


また、納骨式後に会食を行う場合は、会食費用と引き出物の費用が別途必要になります。会食1名分の費用相場は5,000円から1万円、引き出物の費用相場は1家族あたり3,000円から5,000円です。


墓地への納骨にかかる費用は、以下のような項目で構成されています。ただし、これらは一般的な相場であり、地域や宗派、墓地の種類によって異なる場合があるため、具体的な金額は各施設や石材店に確認する必要があります。

納骨の方法
納骨は故人を大切に思う心を形にする大切な儀式です。納骨には様々な方法がありますが、一般的にはお寺や霊園の納骨堂に納骨されることが多いです。納骨の際には、丁寧な準備とマナーを守ることが重要です。例えば、故人の遺骨を納める容器やお墓参りの際に持参するお供え物など、納骨に関わるアイテムには気を配る必要があります。
また、お墓の選び方も納骨において重要なポイントの一つです。お墓は故人を供養し、家族が故人を思い出す場所となるため、慎重に選ぶことが必要です。お墓の形状や位置、管理状況などを考慮して、故人にふさわしいお墓を選びましょう。納骨後は定期的にお墓参りを行い、故人を偲び心を込めてお参りすることが大切です。故人を大切に思い、納骨の意義を深く理解した上で納骨を行うことで、故人の供養と心の平和を築くことができます。
納骨の方法

納骨の時期

納骨の時期 納骨の時期は、遺骨を保管している人の自由です。

一般的には以下のタイミングが選ばれることが多いです。


四十九日(49日目)~すでにお墓がある場合: すでにお墓がある場合、四十九日まで自宅で供養した後に忌明けの法要(四十九日法要)で親族が集まって納骨することが多いです。人は亡くなると49日目に浄土へ行って仏の仲間入りを果たすとされているためです。


一周忌(1年目)~新規にお墓を建てる場合: お墓がない場合は、一周忌を目安に納骨する人も多いです。特に墓石を使った一般墓を検討している場合、お墓ができるまである程度の時間が必要になります。


三回忌(2年目)~じっくり検討する場合: 一周忌ではまだまだ気持ちの整理がつかない人や、こだわったお墓を検討している人は、三回忌を目安にすると良いでしょう。その他、百か日法要や新盆、葬儀当日なども納骨の目安として選ばれることがあります。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事