お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
大切な方の供養を大切に
位牌とは
  • check_box

    仏教の伝統: 位牌は仏教の伝統で、故人を追悼し、供養するためのものです。故人の霊を祀るための道具として用いられ、仏壇の中心的存在となります。

  • check_box

    名前の記載: 位牌には故人の戒名が記されます。戒名は仏教で死後に与えられる名前で、この世を離れて仏となったことを示します。

  • check_box

    形状と素材: 位牌は通常、木製で、黒や茶色に塗られています。上部には「南無阿弥陀仏」などの仏教の教えが記され、下部には故人の戒名が記されます。

故人を弔う際に使用される位牌は、日本の死者供養において重要な役割を果たします。位牌にはどのような意味や役割があるのでしょうか。以下では位牌について詳しく解説します。
仮位牌と本位牌の違い

仮位牌と本位牌の違い

仮位牌と本位牌の違いを詳しく解説

  • Point 01

    違いのポイント

    仮位牌は葬儀の際に一時的に故人の魂を祀るために使用されます。一方、本位牌は故人の魂を永続的に祀るためのもので、家族が故人を偲び、供養するために使用します。

  • Point 02

    仮位牌とは

    葬儀の際に祭壇の上に安置する位牌のことを指します。仮位牌は、塗りなどが施されていない白木の状態のものが一般的で、白木位牌とも呼ばれます。葬儀には仮位牌が使用されます

  • Point 03

    本位牌とは

    本位牌とは、故人の戒名や俗名、没年月日、享年などが書かれている位牌のことで、葬儀から四十九日までに使われた白木の位牌に替わって永続的に使われる正式な位牌のことです。

仮位牌から本位牌へ

仮位牌から本位牌への変更は、一般的には四十九日の法要の際に行われます。


この時に、仮位牌(白木位牌)の役目が終了し、本位牌と入れ替わります。


この過程では、「魂入れ」または「開眼供養」と呼ばれる儀式が行われ、故人の魂が仮位牌から本位牌へ移されます。


この儀式は、葬儀を依頼したお寺やお坊さんに依頼することが一般的です。


なお、本位牌は葬儀社などでは手配してもらえないため、遺族の方々が自身で四十九日法要までに準備しておく必要があります。


また、お位牌の作成にはおおよそどの仏壇店でも文字の内容等の確認、作成等をあわせて1~2週間、2週間以上かかる場所もありますので、葬儀が終わったら、なるべく早めの手配をおすすめします。

仮位牌の処分方法

 魂を抜く:仮位牌には故人の魂が入っているため、処分する前にまずはその魂を抜く必要があります。仮位牌から魂を抜くことを「お性根抜き」または「閉眼供養」といい、葬儀や四十九日の法要を依頼しているお坊さんなどにお願いするのが一般的です。


お焚き上げ:「お性根抜き」「閉眼供養」が終わったら、お焚き上げを行います。お焚き上げには、故人を天に返すという意味も含まれており、葬儀をお任せしたお寺やお坊さんにお願いするというのが一般的です。

ただし、「お性根抜き」「閉眼供養」が終わってすでに魂が抜けていると考えられているため、自分で焼却しても構わないとされています。

背景画像
位牌の値段と色

位牌の色と文字色

基本的な色:本位牌は通常、黒や茶色に塗られています。これは、位牌が故人の魂を祀るための道具であり、その色が故人の尊厳を表現するためです。


文字の色:本位牌に記される文字(戒名や俗名など)の色は、一般的には金色が主流です。これは、金色が格式の高い色とされ、故人を尊重する意味が込められています。しかし、現代では位牌のデザインや個々の好みに応じて、他の色(白色、青色、紫色など)を選ぶこともあります。


位牌のデザイン:位牌自体のデザインによっても、文字の色をアレンジすることがあります。例えば、木目調の位牌なら金色や白色が見栄えが良く、黒地の位牌であれば金色の他に銀や白、紫などが選ばれます。

宗派による位牌の違い

浄土真宗:浄土真宗では、亡くなるとすぐに仏になり、霊は存在しないと考えられています。そのため、基本的に浄土真宗ではお位牌は不要と考えられています。その代わり、「過去帳」や「法名軸」といったものが用いられます。


真言宗:真言宗では位牌の一番上に梵字の阿字を入れることが多いです。


日蓮宗:日蓮宗では、「妙法」という文字が位牌に入ることがあります。


以上のように、宗派によって位牌の形式や書き方には違いがあります。また、位牌の選び方や書き方については、地域の慣習やお寺の考えによっても大きく異なるため、具体的な内容についてはお寺に確認することをお勧めします。それぞれの宗派の教義や慣習を尊重し、故人を偲び、供養するために使用します

失敗しない位牌の選び方

位牌は故人の霊が宿る重要な仏具であり、選ぶ際にいくつかのポイントを考慮することが大切です。

以下は位牌の選び方についてのポイントです。


用途から選ぶ


板位牌: 故人様をお祀りするために1名につき1つ作成する、最もポピュラーな位牌です。台座に1枚の札板がついています。


繰出位牌: 6~8名様分のご先祖様を1つの位牌でお祀りできるタイプです。複数のご先祖様の位牌を1つにまとめる際に用います。


過去帳: 故人さまの戒名(法名)・俗名・没年月日・享年(行年)を記す帳面です。浄土真宗では位牌は作らず、こちらを用います。


デザインから選ぶ: 位牌のデザインは自由ですが、故人様の生前のお人柄やイメージに合わせて選ぶことをおすすめします。


伝統型位牌: 伝統的なデザインで作られた位牌で、重厚で華やかなスタイルです。 モダン位牌: 家具調の仏壇に調和するようにデザインされた位牌で、シンプルでおしゃれなスタイルです。


材質や加工から選ぶ


漆塗り位牌: 漆や金箔を用いて加工された位牌で、職人の手作業で製作されます。


木製位牌(唐木位牌): 黒檀や紫檀材などの輸入銘木を用いて作られた木目を生かしたお位牌です。


サイズから選ぶ: 位牌のサイズは「寸」単位で表されます。


基本的には御本尊の高さと先祖の位牌の大きさを超えないサイズを選ぶのがマナーです。


値段から選ぶ: 位牌の値段は材質や加工によって変動します。ご予算に合わせて選びましょう。


位牌選びは大切な儀式ですので、故人様を思いながら慎重に選んでください。


仏壇にお参り

現代の位牌の文化

現代の位牌は伝統的なデザインだけでなく、個性的でモダンなデザインも増えています。故人様の趣味や好みに合わせて選ぶことができます。故人様の写真を入れた位牌も人気です。写真があることで、よりリアルな存在感を感じることができます。インターネットを活用して位牌を注文することができます。オンラインショップでさまざまなデザインや材質から選ぶことができます。 環境に優しい素材を使用した位牌も増えています。木製や再生材料を選ぶことで、持続可能な選択をすることができます。仏教や神道など、宗教や信仰によって位牌の選び方が異なります。自身の信仰に合った位牌を選ぶことが大切です。

位牌は、故人との絆を深める大事な存在です。心を込めて選び、大切に祀りましょう

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事