お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
悲しみを共有するための適切な言葉と表現
適切な訃報の伝え方
  • check_box

    タイミング:訃報は故人の死後できるだけ早く伝えることが望ましいです。ただし、深夜や早朝など相手の状況を考慮した時間帯を選ぶべきです。

  • check_box

    伝える内容:故人のフルネーム、葬儀の日程と場所、葬儀の形式、宗派、喪主の名前と連絡先など、必要な情報を明確に伝えます。

  • check_box

    伝達手段:親族や親しい友人には電話で直接伝えるのが一般的です。それ以外の知人や会社関係者には、メールやSNS、書面(手紙やハガキ)を利用することもあります。

  • check_box

    範囲:訃報を伝える範囲は、故人の生前の関係性や親密度、社会的なつながりによります。最初に家族や親族に知らせ、次に故人の友人や職場関係者、地域の自治体や団体に連絡をすることが一般的です。

また、訃報を伝える際の具体的な例文も参考になるでしょう。例えば、電話での訃報を伝える場合の一例は以下のようになります。


〇〇様のお宅でしょうか?〇〇の長男の△△です。
父が本日早朝、永眠いたしました。
葬儀の日程等、詳細が決まりましたら改めてご連絡させていただきます。
何かありましたら、私までご連絡をお願いいたします。
電話番号は090-XXXX-XXXです。よろしくお願いします。

適切なタイミング

適切なタイミング

訃報の適切な伝え方を考える

  • Point 01

    直接の家族や親しい友人

    故人の死去を知ったらすぐに連絡を取ります。ただし、深夜や早朝など、相手が休息を取っている可能性のある時間帯は避けるべきです。

  • Point 02

    遠方の親族や友人

    相手の生活スタイルを考慮して、相手のライフスタイルの中で適切な時間帯に連絡します。

  • Point 03

    職場関係や知人

    通常の勤務時間内、またはその直後に伝えるのが適切です。

背景画像
伝え方の方法
伝え方の方法

家族や親族、親しい友人・知人、仕事関係者など、訃報を伝える相手は様々です。相手によって、伝えるタイミングや内容も変わります。故人がエンディングノートや手帳などに「死亡時に連絡してほしい相手」を書き残しているかもしれませんので、それも確認しておきましょう。


速やかに連絡すべき相手は以下です。


家族・親族(故人の親、兄弟姉妹、おじ・おば、甥・姪、いとこ、孫など)


故人の親しい友人故人の勤務先関係性の深い親族同士や友人同士には伝言を依頼してもよいですが、連絡漏れのないように気をつけておきましょう。



訃報を伝える方法には様々な選択肢があります。直接会って伝える方法や電話やメールで伝える方法など、適切な方法を選ぶポイントを解説します。

訃報を伝える際には、相手の気持ちや状況を考慮して最適な方法を選ぶことが重要です。直接会って伝えることで、相手に気持ちを伝えやすく、安心感を与えることができます。電話やメールなどの遠隔方法を選ぶ際は、相手の都合や感情の受け取り方を考慮し、適切な言葉を慎重に選ぶことが大切です。訃報を伝える場面では、相手の気持ちに寄り添い、適切な言葉と方法を選ぶことで、より円滑なコミュニケーションが図れます。

葬儀後の報告

近親者での葬儀を終えた場合

直接会う:最も丁寧な方法は直接会って報告することです。ただし、これは時間と労力がかかるため、故人と特に親しかった人や、遺族と深い関係のある人に対して行うことが一般的です。


電話で連絡する:電話は直接会う次に丁寧な方法で、その場で相手の反応も確認できます。ただし、電話での報告は、故人の死と家族葬が終わったこと、そして報告が遅れたことのお詫びをしっかりと伝えることが重要です。


手紙やハガキで報告する:手紙やハガキでの報告は、時間があるときに読むことができ、また保管もできるため、一定の丁寧さがあります。報告の内容としては、故人の死、家族葬が行われたこと、そして報告が遅れたことのお詫びを書くことが一般的です。


メールやSNSで報告する:メールやSNSでの報告は最もカジュアルな方法で、故人と日常的にメールやSNSで連絡を取り合っていた関係性でのみ許容されます。


以上の方法を選ぶ際は、報告を受ける人との関係性や、その人がどの方法を好むかを考慮すると良いでしょう。


また、報告のタイミングとしては、葬儀後1~2週間以内に行うことが一般的ですが、四十九日の法要を区切りと考えて法要後に報告する方もいます。

ただし、これはあくまで目安であり、状況により適切なタイミングを選ぶことが大切です。

お悔やみの言葉の伝え方

訃報を受けた際、心からのお悔やみの気持ちを伝えることは非常に重要です。まずは相手の悲しみや喪失を共感し、お悔やみの言葉を選ぶ際には相手の気持ちに寄り添うことが大切です。適切な表現や気遣いを持った言葉を選び、温かい気持ちを伝えることで相手の心に寄り添うことができます。

お悔やみの言葉は、相手を慰めるだけでなく、生前の故人への思いや共感の気持ちを示すものでもあります。そのため、相手や故人に対する敬意や感謝の気持ちを込めて、心からのお悔やみの言葉を述べることが重要です。相手の立場に立って気持ちを整理し、適切な言葉で慰めと共感を伝えることで、心の痛みを和らげる一助となることでしょう。

また、お悔やみの言葉を述べる際には、相手の立場や状況を考慮し、適切なタイミングで伝えることも大切です。相手が受け入れやすい言葉や表現を選び、相手に安心感や支えを与えるよう努めることが大切です。繊細な心情をくみ取り、適切な気持ちを伝えることで、お互いのつながりと理解を深めることができるでしょう。


また、 訃報を受けた際には、故人の死因を尋ねることは避けましょう。遺族が気分を害する可能性があるため、遠慮しましょう。「度々」「益々」「重ね重ね」「またまた」などの繰り返しを意味する忌み言葉にも気をつけましょう。

お悔やみの言葉の伝え方
問い合わせはこちら
訃報の伝え方やお悔やみの言葉についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。当社では、丁寧な対応と親身なサポートを心がけており、訃報があった際の対応から、お葬式までの段取りまで総合的にサポートいたします。大切な方の訃報を知らせる言葉や、亡くなられた方やご遺族様に寄り添うお悔やみの言葉についても、専門スタッフが丁寧にアドバイスさせていただきます。お気軽にご相談いただければ、悩みを解決するお手伝いをいたします。訃報に関するトラブルや悩みに優しく寄り添い、適切なアドバイスを提供することで、ご遺族様が心地よくお見送りをすることができるよう努めています。訃報の伝え方やお悔やみの言葉に関する疑問や不安がある方は、いつでもお気軽にご相談ください。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事