お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日

なぜ親指を隠す?

その理由

  • check_box

    親の死に目に会えない

    霊柩車を見ると、親の死に目に会えなくなるという信念が広まりました。親が亡くなった際、その霊が親指の爪の間から出入りすると考えられていたため、親指を隠すことで死者の魂を自分に入り込まないようにする意味合いがあります。

  • check_box

    親が早死にするとの信念

    また、親指が親を連想させるため、「親が早死にする」というジンクスもあります。親の健康を守るために親指を隠す習慣が広まったとされています。

  • check_box

    縁起が悪いとされる理由

    霊柩車を見たら親指を隠す習慣は、縁起が悪いとされています。この風習は、昔から受け継がれてきたものであり、人々は死者に対して畏怖の念を抱いてきました。

科学的根拠はないものの、今も昔も人々は死に対して畏怖の念を抱くことは変わりません。親指を隠す習慣は迷信的な要素が強いものの、その由来や意味には深い歴史と文化があります。

親指を隠すべき理由

親指を隠すようになった由来

  • Point 01

    敬意の表現

    霊柩車を見たときに親指を隠す行動は、亡くなった方に敬意を示すためとされています。これは、仏教における「叉手(さしゅ)」と呼ばれる礼法に由来するものです。叉手とは、親指を隠すように片手を握り、もう片方の手で覆う礼法を指します。

  • Point 02

    魂の出入り

    親指は魂が出入りする場所であるという考え方も、霊柩車を見たときに親指を隠す行動の由来になります。古来から日本では、親指は霊気や霊魂が出入りする場所と信じられていました。霊柩車の近くには故人の霊が彷徨っていると考えられており、霊魂が入ってくるのを防ぐために親指を隠すようになったと言われています。

  • Point 03

    親の死に目に遭えない

    親指を隠さないと親の死に目に会えなくなる、親が早死にする、縁起が悪いなどという噂が広まり、多くの人が隠したことがあると思います。

霊柩車と日本の葬儀文化

日本の葬儀文化は、長い歴史と伝統を持ち、その中心には故人を敬い、供養するという精神があります。その一部として、霊柩車が重要な役割を果たしています。 霊柩車は、故人の遺体を運ぶための特別な車両で、その存在自体が故人への敬意を表しています。日本の霊柩車は、黒を基調とした落ち着いた色調で、屋根には仏具や宗教的な装飾が施されています。これは、故人の魂が安らかに旅立つことを願う象徴とも言えます。 また、霊柩車を見た際に親指を隠すという風習も、日本の葬儀文化の一部です。これは、故人への敬意を示す行為であり、また、魂が出入りする場所とされる親指を隠すことで、故人の魂が自分の中に入ってくるのを防ぐという意味も含まれています。 しかし、これらの風習や習慣は地域や家族によって異なり、また、時代と共に変化してきています。現代では、多様な葬儀スタイルが存在し、故人の意志や家族の希望により、個々の葬儀は大きく異なることが多いです。 それでも、霊柩車を通じて故人を送り出すという行為は、故人への敬意を示す重要な儀式であり、日本の葬儀文化の一部として今もなお受け継がれています。これらの風習は、私たちが生と死をどのように捉え、故人をどのように思い出すかを示していると言えるでしょう。それぞれが故人を偲び、敬う方法は異なるかもしれませんが、その心の中には敬意と愛が常に存在しています。それが、日本の葬儀文化の本質であり、霊柩車が象徴するものだと思います。


霊柩車と日本の葬儀文化
お問い合わせ・相談窓口
当社では、霊柩車の手配や葬儀マナーに関する疑問など、葬儀に関する様々なご相談に丁寧にお答えしております。葬儀について詳細を知りたい方や不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。霊柩車の手配方法や葬儀の進行についてのご相談から、マナーに関する疑問まで、専門家が丁寧にご説明いたします。大切な方の最期のお別れに関することは、何でもお気軽にご相談ください。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    私たちは川崎市を拠点に、川崎区を含む地域の皆様に対応する葬儀社です。心に残る葬儀を提供することを目指し、川崎市でのお葬式に関する多様なプランをご用意しています。ご遺族様の精神的、経済的負担を軽減するためのサポートを行い、一般的な二日葬や家族葬、さらには一日葬など、様々なニーズに応じた葬儀を提供しています。また、直葬のご相談も承り、ご予算に応じた最適なプランをご提案いたします。 私たち葬儀屋は、小規模ながらも柔軟な対応を心がけ、川崎市を中心に年中無休でお問い合わせをお待ちしております。突然のご逝去に際して、「どうしたらよいか」とお悩みの際は、どうぞお気軽にご連絡ください。お葬式のご相談は、ご遺族様が直面される後のことだけでなく、事前のご相談も歓迎しております。急ぐことなく、ご自身やご家族のための葬儀プランをじっくりと考える時間を、私たちは大切にしています。葬儀だけでなく、法事のご相談も承り、会場やお料理の手配までサポートさせていただきます。川崎市でのお葬式をお考えの際は、私たち葬儀社に安心してお任せください。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    川崎市にお住まいの皆様、大切な方を亡くされた際の悲しみと不安に寄り添い、川崎区の葬儀社として、葬儀に関するご相談や役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しております。川崎市の葬儀屋として、ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意し、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛ける川崎区のお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。 24時間365日対応しており、川崎市の皆様がお困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせた川崎市のお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるよう、川崎区の葬儀社としてサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事