お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
大切な人への気持ちを伝える手段
1. 香典の基本マナー
  • check_box 香典とは葬儀や法要で贈るお金のこと
  • check_box 立場や関係性によって金額や渡し方が異なる
  • check_box 香典は亡くなった方やご家族に対する気持ちを示す手段
香典は葬儀や法要などで亡くなった方やそのご家族に対して贈るお金のことです。香典の渡し方や金額は立場や関係性によって異なります。
2. 立場別の香典マナー

2. 立場別の香典マナー

適切な金額と渡し方

  • Point 01

    友人への香典

    友人の場合は3000円から5000円程度を包む。

  • Point 02

    親族への香典

    親族の場合は10000円以上の香典を包む。

    早めに渡すことが礼儀。

  • Point 03

    上司への香典

    上司の場合は5000円から10000円程度を包む。

    香典袋を使用する。

親族への香典

地域の慣習によって異なります


  • 両親が亡くなった場合

    ・20代: 3万円〜10万円

    ・30代:5万円〜10万円

    ・40代以降: 5万円〜10万円

    兄弟姉妹や祖父母、 おじ・おば、その他の親族の場合は1万円~3万円が相場とされています。

  • 上司(部署の責任者や直属の上司)への香典

    ・個人で出す場合: 5千円〜1万円

    ・連名で出す場合: 合計金額が 1万円〜3万円

    取引先の重役(社長、会長など)

    ・個人で出す場合: 3万円〜10万円

    ・会社として出す場合: 3万円~10万円

    直接の担当者やその他の役員であれば、

    1万円〜5万円


  • 友人や近所の方への香典

    友人の場合

    ・20代: 3千円~5千円

    ・30代以上: 5千円〜1万円

    親しい友人の場合

    ・20代: 5千円

    ・30代以上: 5千円〜1万円

    知人・同級生・顔見知りなどの場合:

    ・20代から40代: 3千円以上

    ・50代以上: 5千円以上

    ご近所の方で、挨拶を交わす程度の関係の場合:

    ・一般的には 千円〜3千円が相場です。

御霊前と御佛前の違い

  • ご霊前
  • 御佛前
  • ご霊前
  • 御佛前

ご霊前は、故人が亡くなってから49日間は「霊」として存在し、この期間に香典をお供えする場合に使います。通夜や葬儀の際には「ご霊前」と表書きされることが一般的です。ご仏前は、49日を過ぎて故人が「仏」となったと考えられる時点から使用します。四十九日法要やその後の法要では「ご仏前」と表書きされます。

宗派によっては、故人が亡くなった時点で即座に「仏」となると考えるため、通夜や葬儀から「ご仏前」を使用する場合もあります。例えば、浄土真宗や真宗大谷派では、故人は亡くなるとすぐに仏になるとされており、「ご仏前」と表書きするのが一般的です。

香典袋の選び方

包む金額によって変わります

  • 御佛前

    3,000円~5,000円

    水引が印刷されたシンプルな香典袋を使用します。これは友人知人や近所の人、同僚などの弔事に適しています。

  • 御佛前

    10,000円~30,000円

    あわじ結びの水引の香典袋を選びます。これはさらに親密な関係や、故人に対する敬意を表す際に用います。

  • 御佛前

    50,000円~

    5万円~10万円以上:高級和紙製や双銀の水引のある豪華な香典袋を使います。これは非常に親しい親族や、特別な敬意を表したい場合に適しています。

注意点

香典を包む際には、偶数額や忌み数を避け、端数のない金額を選ぶことがマナーとされています。また、故人の家族や地域の慣習によっては香典を辞退される場合もあるため、事前に確認することが重要です。また、新札は使わないようにしましょう。「不幸が起こることを予想して、あらかじめ準備していた」と捉えられてしまう可能性があるからです。

3. 袱紗(ふくさ)とは

袱紗(ふくさ)は、冠婚葬祭などの正式な場で金封を包むために使用される方形の布です。絹やちりめんで作られ、金封が汚れたり、しわになったりするのを防ぐと同時に、相手への敬意を表すためのものです。袱紗には「包むタイプ」と「挟むタイプ」があり、色や柄は慶事用と弔事用で使い分けられます。慶事では明るい色や縁起の良い柄を、弔事では落ち着いた色を選びます。また、袱紗の包み方や渡し方には一定のマナーがあり、それを守ることで礼節と心遣いを示します。

袱紗の包み方
正しい包み方のご案内

  • # 01

    袱紗を広げる


    まず、袱紗を広げて平らな面に置きます。

  • # 02

    香典袋を置く


    香典袋を袱紗の中央よりやや右側に置き、表書きが上に来るようにします。

  • # 03

    右側を折る


    袱紗の右側を香典袋の上に折ります。

  • # 04

    下側を折る

    次に、袱紗の下側を上に折ります。

  • # 05

    上側を折る


    その後、上側を下に折ります。

  • # 06

    左側を折る


    最後に、袱紗の左側を右側に折ります。

  • # 07

    爪を留める


    爪付き袱紗の場合は、爪を留め糸にかけて固定します。

この包み方は、香典袋が見えないようにし、故人への敬意を表しながら、遺族に渡すためのものです。

包む際には、丁寧に扱い、香典袋が崩れないように注意しましょう。

5. 香典を渡す際のポイント

タイミング香典は、葬儀の受付を済ませた後、名前や住所を記帳した直後に渡します1。


 渡し方:袱紗から香典を取り出し、受付の方に文字が読める向きで、両手で渡します。


言葉を添える:香典を渡す際には、「この度はご愁傷様です」と一言添えるのが一般的です。


袱紗の使用:香典は袱紗に包んで持参し、受付で袱紗から取り出して渡します。袱紗がない場合はハンカチを代用することもできますが、できれば袱紗を用意するのが望ましいです。


香典の向き:香典を渡すときは、相手側にのし書きの文字が読めるように向きを変えてから渡します。


これらのポイントを守ることで、故人への敬意と遺族への配慮を示すことができます。また、葬儀の流れや宗教によって異なる場合があるため、事前に確認することも大切です。


5. 香典を渡す際のポイント

香典袋の名前の書き方のマナー

表書きは薄墨を使いましょう。

薄墨を使う理由は、故人への哀悼の意を表すためで、急な訃報に際して涙が墨を薄めたという意味合いがあります。


  • 表書き

    外袋の上段には、故人の宗教・宗派に合わせた表書きを記入します。例えば、仏式では「御霊前」や「御仏前」、キリスト教式では「御花料」や「献花料」、神式では「御神前」や「御玉串料」などがあります。

  • 名前の書き方

    外袋の下段には、参列者本人のフルネームを記入します。個人で出す場合は自分の名前を、連名で出す場合は代表者の名前を中央に、その他の人の名前を左右に記入します。会社名義で出す場合は、中央に社長や代表者の名前を記入し、右側に会社名を添えます。

  • 金額の書き方

    中袋には金額を記入します。旧字体の漢数字を用いるのが正式ですが、普段使い慣れている漢数字でも問題ありません。例えば、「五千円」は「伍阡円」、「一万円」は「壱萬円」と書きます。

  • 住所の記入

    中袋の裏面には、贈る側の住所と名前を記入します。郵便番号から始め、都道府県、市区町村、町名、番地の順に記載します。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Instagram

インスタグラム