お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
故人にふさわしいお葬式を
はじめに
  • check_box

    Q 直葬(火葬式)とは?

    A 直葬とは、セレモニーを行わず、直接火葬場に遺体を運び火葬する葬儀の方法です

  • check_box

    Q 一日葬とは

    A 一日葬とは、お通夜を省き、告別式と火葬を1日で行う葬儀のことです

  • check_box

    Q 家族葬とは

    A 親しい方を中心に故人をお見送りするお葬式の総称です

  • check_box

    Q 一般葬とは

    A 故人とのつながりが広範囲に及ぶ場合や、故人が社会的な存在であった場合に適しています

葬儀の形式には様々な選択肢があります。適切な形式を選ぶことで、故人にふさわしいお葬式を行うことができます。
直葬

直葬とは

スムーズなお葬式の選択

  • Point 01

    費用を抑えられる

    通夜や葬儀・告別式を行わないため、本来儀式にかかる費用が削減されます。

  • Point 02

    負担の軽減

    通夜、葬儀・告別式を省略するため、遺族の負担が少なくなります。

  • Point 03

    参列者側の負担も軽減

    直葬は短時間で終えられるため、参列者の体力的な負担も軽減されます。

直葬(火葬式)
デメリットと注意点

  • # 01

    お別れの時間を十分に取れない

    通夜や告別式がないため、故人とのお別れの時間が短くなります。

  • # 02

    菩提寺への相談が必要

    菩提寺がある場合は、直葬を行う前に相談が必要です。

  • # 03

    親族から理解を得られない可能性


    伝統的な葬儀を望む親族がいる場合、直葬に対する理解を得にくいことがあります。

法律により死亡後24時間以内の火葬は認められていないので直葬でも一旦安置する時間や場所が必要です。
また、直葬に対する周囲の理解を得るために、事前に十分な説明が必要です。
これらのポイントを踏まえて、直葬を選択する際は、家族や関係者とよく話し合い、後悔のない形で故人を送り出すことが大切です。

一日葬の魅力

一日葬は、故人とのお別れを大切にしながらも、遺族の精神的、肉体的、経済的な負担を考慮した葬儀形式として、多くの方に選ばれています。

一日葬の特徴

近年、多く選ばれている葬儀形式

一日葬の3つの特徴

  • 時間的・経済的負担の軽減

    通夜を省略し、葬儀が1日で完結するため、遺族や参列者の時間的な負担が少なく、経済的にも費用を抑えることができます。

  • 遺族の精神的な負担が減る

    一日葬では、喪主をはじめ親族の精神的な負担が減ります。通夜前日に参列者への気配りをする必要がなく、故人とのお別れの時間をゆっくりと過ごせる点も大きな魅力です。

  • 現代のライフスタイルに合致

    時間の拘束が短縮され、多忙な現代人のスケジュールに合わせやすい葬儀形式です。遠方からの参列者も宿泊する必要がなく、参列が容易になります。

一日葬

デメリットと注意点

  • # 01

    参列できない人が出る可能性


    一日葬は短期間で行われるため、故人とのお別れの時間が限られており、参列を希望する全ての人が集まることが難しい場合があります。

  • # 02

    周囲からの反対


    伝統的な葬儀を重んじる方々や、お通夜を省略することに抵抗がある方から反対される可能性があります。

  • # 03

    弔問対応が増える


    葬儀に参列できなかった方が、葬儀後に弔問に来る機会が増えることがあります。

一日葬は宗教的な儀式を省略しているため、菩提寺の許可が得られない場合があります。先祖代々のお墓に納骨できないという問題に直面することもあるため、事前に許可を得ることが重要です。また、費用が半分になるわけではありません。一日葬は通常の葬儀に比べて費用が抑えられる傾向にありますが、必ずしも半額になるわけではありません。葬儀社に支払う費用以外にも、火葬料やお布施、返礼品や食事代などの変動費が発生します。

背景画像
家族葬のメリット

家族葬の特徴

家族葬は限られた親族や友人だけで行う形式であり、アットホームな雰囲気が醸し出されます。参列者が少人数であるため、親しい方々と心を寄せ合い、亡くなられた方への思いをしっかりと伝えることができます。また、家族葬は一般的な葬儀よりも費用を抑えることができるという節約効果もあります。規模が小さくシンプルな形式で行われるため、無駄な費用をかけることなく、大切な方への最後のお別れを行うことができます。家族葬は気軽に参列者を選べることから、親しい人だけで心のこもったお別れをすることができ、ご遺族も負担を軽減しながら故人を送り出すことができるという魅力があります。

家族葬
デメリットと注意点

  • # 01

    参列者の選定が難しい

    家族葬は親しい人だけを招くため、誰を招待するかの選定が難しくなることがあります。

  • # 02

    親族の理解が得られない場合がある


    伝統的な葬儀を望む親族がいる場合、家族葬に対する理解を得にくいことがあります。

  • # 03

    家族葬後の自宅への弔問客が多い


    参列できなかった方が、葬儀後に自宅を訪れることが多くなる可能性があります。

参列者が少ないため、香典収入が減り、葬儀費用の持ち出しが増えることがあります。
そして、参列者を限定するため、葬儀後に故人の死去を知った方への対応が必要になることがあります。
その為に参列できなかった方からの反応や、家族葬についての理解を得るための事前の説明が重要です。

一般葬の特徴

一般葬は一日葬や家族葬などの葬儀形式がない時代の一般的なお葬式であり、多くの親族や友人、知人が参列することが一般的です。通夜では、参列者が故人との別れを惜しむ時間を持ち、告別式では故人を送る式が執り行われます。一般葬は、葬儀の規模や内容、式場の選定など様々な段取りが必要です。一般葬のポイントは、参列者の規模に応じた会場や式次第を選定すること、逝去者の遺志や家族の意向を尊重しつつ、しっかりとしたお葬式を執り行うことが大切です。

一般葬の特徴

一般葬
デメリットと注意点

  • # 01

    費用が高額になる

    一般葬は参列者を広く招くため、葬儀の規模が大きくなり、それに比例して費用も高くなります。

  • # 02

    準備が多い

    参列者への連絡業務、会場の手配など、幅広い準備が必要です。喪主がすべてを負わないようにサポートが必要です。

  • # 03

    参列者の配慮

    多数の参列者を想定しているため、個々人への配慮や気遣いが困難になることがあります。

 参列人数が多いほど、準備することや決めるべきことも増えるため、早めの準備とスケジュール管理が必要です。

地域独自のしきたりや風習に配慮し、失礼がないようにすることが大切です。

全国的な傾向としては、家族葬が最も多く選ばれている葬儀形式であり、一般葬、直葬、一日葬の順に続いています。 神奈川県の場合、一般的には都市部に位置するため、小規模な葬儀が選ばれる傾向があると考えられます。これは、核家族化や高齢化、葬儀に対する価値観の変化などが影響しているとされています。

2023年の調査によると、葬儀種別の受注割合は以下の通りです。 家族葬: 60.1%・一般葬: 26.3%・直葬: 8.5%・一日葬: 5.1%となります。

形式選びのポイント
直葬、一日葬、家族葬、一般葬など、さまざまな葬儀形式があります。直葬はお葬式を簡素に行い費用を抑えたい方に向いており、一日葬は亡くなられた当日に葬儀を執り行う形式であり、お忙しい方や早めにお別れをしたい方に適しています。家族葬はご家族だけでお葬式を行う形式であり、プライベートな空間でお別れをしたい方におすすめです。一般葬は親族や友人・知人など多くの方が参列する形式であり、広い範囲の方へお別れをする場を提供します。選択肢が多く悩んでしまった際には、お問い合わせをして専門家のアドバイスを受けることもお勧めです。各形式のメリットやデメリットを理解し、故人やご遺族の希望に合った形式を選ぶことが大切です。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事