お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
創価学会特有の葬儀形式

友人葬(創価学会員の葬儀)とは

  • check_box

    信仰に基づく葬儀: 友人葬は、創価学会の信仰を持つ学会員の葬儀です。故人の家族や親しい友人が参列して執り行われ、仏法の本義に則った葬儀とされています。

  • check_box

    お布施や僧侶は不要: 友人葬では、導師やご本尊が役割を果たし、祭壇はしきみ祭壇や白い生花祭壇が使用されます。お布施や僧侶を呼ぶ必要はありません。

  • check_box

    「まごころ」からの題目による追善回向: 友人葬は、故人を悼む「まごころ」からの題目による追善回向を重視しています。

友人葬は創価学会特有の葬儀形式であり、お厨子や本尊、樒を使用することが特徴です。信仰や教義に基づいた厳かな葬儀が行われます。

【友人】の意味

創価学会の葬儀形式である「友人葬」における「友人」の意味は、故人と親しい人々を指します。これには遺族、親族、友人などが含まれます。友人葬は、僧侶を呼ばずに、これらの人々が集まって葬儀・告別式を執り行う形式を指します。

友人葬の特徴

友人葬の特徴

創価学会独自の祈りと供養

  • Point 01

    お厨子

    厨子は祭壇の大きさに合わせてサイズを変更します。ご本尊を祀るための厨子は、特別なものである場合、追加費用が発生することもあります。

  • Point 02

    本尊

    創価学会では本尊を非常に大切に扱います4。葬儀の中では、本尊を素手で触ったり、写真に撮ったりすることは絶対に避けるべきです。また、集合写真を撮る際には、本尊が入っている厨子の扉を閉じます。

  • Point 03

    樒は仏教のモチーフとして扱われ、その毒性や独特の香りから「死者を悪霊から守る」「邪気を払う力がある」とされ、枕飾り、祭壇等に使われてきました5。創価学会の友人葬では、しきみを基本にした祭壇が用いられます。

友人葬の教義

友人葬は日蓮大聖人の仏法の本義に則った葬儀とされています。仏教の本義に照らし合わせると、故人の成仏と葬儀の形式はまったく関係がありません。仏法では成仏はあくまでも故人の生前の信仰によるものと考えられています。「まごころ」からの追善回向: 創価学会は、葬儀で何よりも大切なのは故人を悼む、「まごころ」からの題目による追善回向だと考えます。そうした意味から、友人葬こそ仏法の精神に最もかなった、仏法の本義に則った葬儀であると言えます。

友人葬

創価学会の葬儀

流れ

  • # 01

    開式の辞

    司会者から友人葬開始の案内があります。

  • # 02

    お経・読経・唱題

    導師である儀典長(友人の代表)を中心に読経・唱題を行います。読経は、法華経の方便品と寿量品の自我偈を2回読誦し、唱題は「南無妙法蓮華経」の題目を唱えます。

  • # 03

    焼香

    通常は1回目の自我偈読誦中に、焼香を行います。焼香の順番は導師・副導師、親族、参列者となります。

  • # 04

    御祈念文・題目三唱

    全員が焼香を終えると導師が唱題終了の合図として鈴を鳴らします。導師が追善供養の祈念を行い、鈴の合図に合わせて参列者全員で題目を三唱します。

  • # 05

    追慰文

    追慰文、弔電を紹介します。

  • # 06

    導師挨拶

    導師が挨拶を行います。

  • # 07

    謝辞

    喪主または親族代表が謝辞を述べます。

  • # 08

    題目三唱

    導師が鈴を鳴らし、それに合わせて参列者全員で題目を三唱します。

  • # 09

    閉式の辞

    司会者から葬儀終了の案内があります。

  • # 10

    告別式、出棺

    告別式が終了すると、唱題する中しきみ等を棺に納めながらお別れの儀式を行います。

    出棺の際に喪主から挨拶があり、挨拶終了後に出棺となります。

以上が一般的な友人葬の流れです。ただし、地域や家族の意向により、具体的な流れや内容は異なる場合があります。具体的な詳細については、葬儀社や創価学会の地域の支部などに問い合わせることをお勧めします。

儀典長への依頼方法

創価学会の友人葬における儀典長は、故人や遺族が住んでいる地域にある創価学会の支部長に友人代表として依頼することが一般的です。儀典長は友人の代表であり、主に故人や遺族が行います。具体的な依頼方法は以下の通りです。



①故人や遺族が所属する地域の創価学会に連絡を取ります。


②その地域の創価学会の幹部と共に、式の流れ、役員の配置、導師や本尊の確認をします。


③多くの場合、その幹部が導師となります。


ただし、具体的な依頼方法は地域や創価学会の支部により異なる場合がありますので、詳細は地域の創価学会の支部に直接問い合わせることをお勧めします。

創価学会川崎平和講堂 神奈川県川崎市川崎区四谷下町25

信頼できる葬儀社や地域の創価学会の幹部に相談することをお勧めします。故人を偲び、心からのお別れをするためにも、適切な準備と配慮が必要です。それぞれの故人とその遺族の意向を尊重し、故人を偲ぶ最善の方法を見つけることが大切です。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム