お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
葬儀での品物の選び方や金額の目安を解説

返礼品の基本マナー

  • check_box

    会葬返礼品: 告別式の参列者に渡す返礼品です。

  • check_box

    香典返し: 香典をもらった方に渡す返礼品です。

  • check_box

    即日返し:葬儀当日に直接お渡しする香典返しのことです。


葬儀での品物の選び方や渡し方、金額の目安など、基本的なマナーについて解説します。

会葬返礼品とは?

会葬返礼品は、葬儀に参列してくださった方にお渡しする、心ばかりのお礼の品です。香典の有無にかかわらず、参列者全員にお渡しします。また、会葬品としてお渡しする品物は香典の金額に関わらず、参列者全員同じものです。葬儀の帰りに持って帰るものなので、あまりかさばらない、持ちやすいものを選ぶ傾向があります。

参列者すべてにお渡しします

会葬返礼品について

  • check_box

    葬儀に参列してくださった方全員にお渡しする返礼品です。

  • check_box

    香典の有無にかかわらず、参列者全員に同じ品物を贈ります。


  • check_box

    お渡しする品物は、香典の金額に関わらず一律です。


  • check_box

    葬儀当日にお渡しすることが一般的です。


会葬品としておすすめの品物は、使えばなくなる「消えもの」を選ぶのが一般的です。紅茶、コーヒー、海苔、お菓子、スープ、タオルなどが会葬品として選ばれることが多いです。会葬返礼品の金額は、一般的に500円から1,000円程度が相場です。葬儀を終えた後に、別途香典返しを手配するため、この範囲内で会葬返礼品を用意するのが妥当です。

香典返しとは

香典返しは、弔事を終えたことへの感謝をお礼としてお伝えするための香典へのお返しです。この習慣は日本で古くから続いており、いただいた香典に対して適切な返礼品を持参または配送することで、感謝の気持ちを表します。

香典返しの時期

故人が亡くなられてから35日目または49日目の「忌明け法要」から1ヶ月の間に香典返しを贈るのが一般的です。忌明け法要は、故人の命日から49日目に行われる法要で、このタイミングで感謝の気持ちを伝えることが一般的です。

香典返しの熨斗

弔辞であるため、「熨斗(のし)」が付いていない掛け紙を選びます。無地のものか、蓮の絵が入ったものを使用しましょう。水引は一般的に「黒白」ですが、西日本などでは「黄白」を用いることもあります。結び方は、「二度と繰り返さない」という意味が込められている「結び切り」が一般的です。また、「末長くお付き合いしたい」という意味を持つ「あわじ結び」も用いられますが、「蝶結び」は選ばないよう注意しましょう。

香典返しの表書き

水引上に「志」、水引下に「喪主の苗字」または「フルネーム」を書くのが一般的です。西日本では「満中陰志」や「忌明け志」、中国・四国地方などでは「茶の子」が用いられることもあります。

香典返しの金額

半返しは 頂いた香典の半分の額に相当する品をお返しします。一般的には、香典が1万円の場合、5,000円程度の品物を用意します。3分の1返しは 頂いた香典の3分の1の値段ほどのお返しをすることです。関西でよく見られます。親族や身内が高額の香典を包む場合には、3分の1から4分の1程度を目安にしておけば良いです。

一般的なマナー

香典返しを選ぶ際の注意点

  • check_box

    消え物がおすすめ:「不祝儀を後に残さない」という意味合いから、「消え物(消耗品)」が好まれる傾向にあります。基本的には「使えばなくなる」日用品か「食べたらなくなる」食品のどちらかを選べば間違いありません。

  • check_box

    相場内で選ぶ:香典返しの品物は「高ければ高いほどよい」わけではありません。いただいた香典の半額(半返し)を目安に、相場の範囲で香典返しにふさわしい品物を選ぶことが大切です。

  • check_box

    落ち着いたデザインやパッケージ:香典返しは弔事の贈り物だからこそ、できるだけシンプルで落ち着いた色合いのものを選びましょう。

  • check_box

    人気の品物:お米の詰め合わせギフト、海苔タオルセット、佃煮、調味料、梅干し、カタログギフト、お菓子コーヒーの詰め合わせ、石鹸・洗剤

  • check_box

    次のような品物は避けるべきです: 四つ足生臭もの(肉や生の魚など)お酒鰹節や昆布金額のわかる商品券やギフトカード。

これらのポイントを踏まえて、故人への敬意と感謝の気持ちを込めた香典返しを選んでみてください。

当日返し・即日返しとは?

即日返し、または当日返しとは、お通夜や葬儀に出席した弔問客全員に直接お渡しする香典返しのことを指します11。近年ではお通夜や葬儀に出席しても、四十九日の法要には参列しないことも多くなってきています。そのため、葬儀当日に香典返しを用意する即日返しが増え、全国的に定着してきています。

即日返し・当日返し

メリットとデメリット

  • check_box

    ◎手間を省ける: 即日返しでは、四十九日の香典返しの商品選びや発送の手間がかからないため、遺族の負担を軽減できます。葬儀後の忙しい時期でも、気にかかることを先に済ませることができます。

  • check_box

    ◎精神的な負担を軽減: 香典返しは返し終わるまで気にかかるものですが、即日返しで先に済ませておけば、精神的な負担を軽減できます。

  • check_box

    ◎コストを抑えられる: 高額の香典を頂いた場合は、即日返しとは別に後日金額にふさわしいお返しをする必要がありますが、即日返しの場合は一律2,000円から3,000円程度の品物を用意することが一般的です。

  • check_box

    ✕選択肢の制限: 即日返しは急いで用意する必要があるため、選択肢が限られることがあります。特定の商品を選びたい場合、時間的制約があるため難しいことがあります。

  • check_box

    ✕品物の質: 即日返しの場合、急いで用意するために品物の質が低くなることがあります。遺族や参列者に感謝の気持ちを伝えるためには、品物の選択に注意が必要です。

  • check_box

    ✕感謝の意を伝える機会の喪失: 即日返しは手軽で便利ですが、四十九日の香典返しとは異なり、感謝の意を伝える機会が限られています。四十九日の返しを待つことで、より深い感謝の気持ちを伝えることができるかもしれません。

当日返しは、遺族や参列者に感謝の気持ちを伝える大切な機会です。選択肢や品物の質に気をつけながら、適切な方法を選ぶことが大切です。遺族の状況や地域の慣習に合わせて、心からの感謝の意を伝えましょう。


香典返しの意味
香典返しは、故人のご冥福を祈る気持ちとともに、お葬式や法要にお世話になった方々への感謝の気持ちを表す大切な行事です。香典返しの目的は、ご助力いただいた方々への感謝を伝えるとともに、絆を深めることです。適切な金額や品物を選ぶポイントとしては、まず、受け取った金額や贈り物に対して同等かそれ以上の金額や価値の品物を贈ることが一般的です。また、相手の立場や関係性、地域の習慣などを考慮して選ぶことが重要です。香典返しは、感謝の気持ちを示すだけでなく、心のつながりを大切にする場面でもあります。そのため、相手の心に響く贈り物を選ぶことが大切です。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事