お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
大切な方をお見送りする際の服装について
喪服の種類と選び方
  • check_box 喪服の意味や由来について理解する
  • check_box スーツやネクタイの選び方のポイントを押さえる
  • check_box 適切な喪服の着こなしのコツを学ぶ
喪服には様々な種類があり、選ぶ際には意味や選び方のポイントを理解しておくと役立ちます。喪服のアイテムにはスーツやネクタイなどがあります。
喪服の種類

男性用の喪服には、正喪服、準喪服、略喪服という3つの種類があり、それぞれ異なる場面で着用されます。

正喪服: 正喪服は最も格式が高い喪服で、和装の場合は紋付羽織袴、洋装の場合はモーニングスーツを指します。喪主や直接の親族が葬儀や告別式、一周忌までの法事で着用します。一般の参列者が着用するとマナー違反になる可能性があるため注意が必要です。

準喪服: 準喪服は一般的な喪服で、漆黒色で光沢のない生地を使ったブラックスーツを指します。喪主や親族も着用しますが、最近では一般の参列者もこの準喪服を着用することが多くなっています。

略喪服: 略喪服は通夜や三回忌以降の法事で着用される喪服です。また、喪主から「平服」を指定された場合にも略喪服を着用します。基本的には黒やグレー、濃紺など地味な色で、無地のダークスーツが略喪服にあたります。 これらの喪服は、故人との関係や参列する儀式の種類によって選ばれるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

喪服の着こなしポイント

喪服の着こなしポイント

葬儀での適切な服装について

  • Point 01

    喪服に関する注意点

    突然の訃報に際しては、紺やグレーのダークスーツでも許容されますが、通常はブラックスーツを着用するのが望ましいです。夏場や暑い環境下では、涼しげな素材の喪服を選ぶことも大切です


  • Point 02

    喪服の種類と選び方

    日本の葬儀では、男性の喪服には「正喪服」「準喪服」「略喪服」という3段階の格式があります。喪主や親族は通常、和装かモーニングスーツの正喪服を着用しますが、最近ではブラックスーツの準喪服を選ぶことも多いです。参列者は、黒やグレー、濃紺のダークスーツが一般的です。

  • Point 03

    小物類のマナー

    喪服以外にも、白色の無地のワイシャツ、光沢のない黒のネクタイ、黒の革靴が必要です。アクセサリーは結婚指輪以外は避け、靴はストレートチップの内羽根式が好ましいとされています。


葬儀参列時のマナー
葬儀に参列する際には、慎み深い態度や適切な作法が求められます。まず、葬儀場に到着した際には、遺族や主催者に丁寧な挨拶をすることが大切です。葬儀が行われる間は、静粛な態度を保ち、物音を立てないように心がけましょう。また、葬儀中はスマートフォンや携帯電話を使用しないようにし、周囲の雰囲気を損なわないよう配慮しましょう。
葬儀参列時の座り方も重要です。座る際には、故人を前にして正座をするか、椅子に座る場合は背筋を伸ばし、しっかりとした姿勢を保つようにしましょう。また、故人や遺族に対する敬意を示すため、葬儀中は笑顔を見せるような行為は避け、常に慎み深い表情を心がけることが大切です。
葬儀が終了した際には、遺族や主催者に再度お悔やみの言葉を述べるようにしましょう。そして会場を後にする際には、静かに退席し、周囲の人々への配慮を忘れないようにしましょう。葬儀参列時のマナーや作法を守ることで、故人や遺族に対する敬意を示し、心からの哀悼の意を表すことができます。
喪服と色の関係

黒喪服は、最も正式な喪服であり、葬儀や告別式の喪主、家族、参列者が着用する第一礼装です。黒喪服の生地は光沢がなく、地紋のないものが正式とされています。家紋は、染め抜きの日向紋が背中、両袖、両胸の合わせて5つ入っているのが一般的です。 一方、色喪服は、通夜や法事で着る黒以外の喪の略式礼装です。色喪服は、光沢が少なく、吉祥文様の地紋でない「一つ紋付き色無地」のことを指します。色喪服に合わせる帯は、黒の喪帯か色の喪帯を合わせます。帯を黒にするか色物にするかは、正式か略式かによって、つまりその時に必要とされる喪服の格で決まります。 喪服の色は、故人や遺族の立場、またその時の儀式の性質によって選ばれます。黒喪服が最も正式な装いであり、色喪服はより略式の場合に選ばれることが多いです。色喪服は、地味な寒色系の灰色、紫、濃紺、または茶色、深緑色などが選ばれることが一般的です。 喪服を着る際には、その立場にふさわしい装いを選ぶことが大切です。遺族は三回忌までは黒喪服を着用することが一般的であり、一般の参列者ならば、四十九日法要くらいから色喪服にしてもかまいません。法事や偲ぶ会では、喪主・遺族以外の人が着用することが多いです。

葬儀の持ち物

喪服の他に

靴やワイシャツなどについて

  • ワイシャツ

    ワイシャツ

    葬儀に参列する際のワイシャツの色は、基本的に白が適切です。白以外の色は避けましょう。ワイシャツには様々な柄やデザインがありますが、葬儀に着用するワイシャツは無地を選びましょう。全体・部分問わず柄やデザインが入っているワイシャツは避けることが大切です。 襟の形については、ワイドカラー・レギュラーカラーが葬儀には適しています。ボタンダウンは元々スポーツウェアであり、ビジネスシーンで使用することができても、葬式にはふさわしくありません。夏場の葬式に男性が半袖のワイシャツを着用することは問題がありません


  • ネクタイ

    ネクタイ

    葬儀では、哀悼の意を示すために黒無地のネクタイを着用することが一般的です。ストライプや刺繍の入ったものは避けましょう。 光沢感の少ないシルクが無難です。サテンやレーヨン、ポリエステルなど光沢感のあるものはお葬式にふさわしくありません。 ネクタイの結び目にディンプル(くぼみ)を作らないようにしましょう。プレーンノットやウィンザーノットが一般的な結び方です。 ネクタイピンは使わないようにしましょう。 以上の点を注意して、葬儀にふさわしいネクタイを選びましょう。また、急な葬儀の際には、葬儀場付近のコンビニなどで黒ネクタイを購入することも可能です。


  • 黒い靴下

    靴下

     葬儀では、哀悼の意を示すために黒無地の靴下を着用することが一般的です。光沢のあるものや柄が入ったものは避けましょう。 靴下の丈は、座ったときに肌が見えないミドル丈がおすすめです。 以上の点を注意して、葬儀にふさわしい靴下を選びましょう。

  • 黒い靴

    黒が最も一般的で、葬儀の厳粛な雰囲気に適しています。シンプルで派手でないデザインが適しています。つま先が尖った靴やブローグ靴などが適しています。素材: 革製の靴が最も一般的です。靴はきれいに磨かれ、手入れが行き届いていることが重要です。

  • 黒い靴

    ハンカチ

    ハンカチは白が最も一般的です。葬儀は厳粛な場であるため、派手な色や柄のハンカチは避けるべきです。コットンやリネンなどの自然素材が適しています。シルクやサテンなどの光沢のある素材は避けるべきです。標準的なサイズ(約45cm x 45cm)が適しています。小さすぎると使いにくいですし、大きすぎるとポケットに収まりにくいです。

  • 髪型

    ヘアスタイル

    髪の毛は清潔に保ち、整えられた状態にすることが重要です。洗髪とブラッシングを忘れないでください。派手なヘアスタイルや色は避け、自然で落ち着いたスタイルを選びましょう。葬儀は敬意を表す場所なので、目立つスタイルは不適切とされます。 ヘアジェルやワックスは控えめに使用し、自然な見た目を保つようにしましょう。

喪服のレンタル

急な訃報に際して

喪服の靴

時間に余裕をもって

喪服のレンタルに関しては、いくつかの選択肢があります。一般的に、以下のような業者からレンタルすることが可能です。

 葬儀社:葬儀社は多くの場合、貸衣装店と提携しており、喪服のレンタルを依頼できます。ただし、仲介手数料がかかる場合があります。

地元の貸衣装店:時間に余裕がある場合は、地元の貸衣装店で直接レンタルすることができます。自分の好みやサイズに合わせて選べるメリットがあります。

インターネット上のレンタル業者:日程に余裕がある場合は、インターネットを通じてレンタルすることもできます。自宅に配送されるため、店舗でレンタルするよりも費用を抑えられることが多いです。

紳士服店:一部の紳士服店では、礼装のレンタルサービスを提供しています。


金額の相場については、以下の通りです

葬儀社や貸衣装店でのレンタル:10,000円~

インターネットレンタルの場合:4,800円~ 

google検索結果

紳士服店でのレンタル:男性用は15,000円から、女性用は5,000円~

洋服の青山 コナカ AOKI


喪服をレンタルする際は、必要な日にちに間に合うように、配送のタイミングを十分に確認することが重要です。また、地域によっては喪服の着方に特有のしきたりがあるため、その点も考慮すると良いでしょう。

喪服の保管方法

 クリーニング後は必ず袋から取り出す

クリーニングから返ってきた喪服はビニール袋に入っていますが、これは一時的な保護のためのものです。家に着いたら直ぐに取り外し、風通しを良くしてから保管しましょう。

防虫剤や乾燥剤を使用する

喪服は滅多に着用しないため、虫食いやカビのリスクがあります。防虫剤は1年程度で取り換える必要があり、乾燥剤も定期的に確認し、必要に応じて取り替えましょう。

厚めのハンガーを使用して吊るし保管する 型崩れを防ぐために、厚みのあるハンガーを使用し、通気性を良くして保管します。木製のハンガーを使用するとさらに良いでしょう。

湿気の少ない乾燥した場所に保管する

湿気が多いとカビや臭いの原因になりますので、湿気の少ない場所を選んで保管してください。 これらのポイントを守ることで、喪服を清潔に保ち、いざという時にすぐに使える状態にしておくことができます。ご参考になれば幸いです。

クリーニング

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの
    柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎市を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

背景画像
ストレートチップ
喪服の靴と小物

 男性の靴の選び方

葬儀に相応しい男性の靴は、以下の5つのポイントを抑えることが大切です。

①黒の革靴を選ぶ 喪服に合わせる靴は黒一色。茶色やグレーなど他の色は避ける。

②紐靴であること スリッポンやローファーなどの紐なし靴は不適切。

③ツヤ消しの素材を選ぶ 光沢のあるエナメル素材は避け、控えめな印象の靴を選ぶ。 ストレートチップまたはプレーントゥのデザイン シンプルなデザインが好ましい。

⑤内羽根のデザイン 靴紐を通す部分が靴の内側にあるものを選ぶ。


男性の小物のマナー

葬儀における男性の小物には、以下のようなアイテムが含まれます。

①ハンカチ 白色または黒色、地味な色で派手なデザインがないものを選ぶ。

②数珠 宗派によって異なる場合があるが、略式数珠は全宗派で使用可能。

③バッグ 必要な場合は黒色でシンプルなデザインのバッグを選ぶ。光沢のある素材や派手な装飾は避ける。

④アクセサリー 葬儀では控えめが望ましいため、結婚指輪以外のアクセサリーは避ける。

これらのマナーを守ることで、葬儀における厳粛な雰囲気を保ち、故人への最後の敬意を表すことができます。また、遺族や他の参列者への配慮としても重要です。靴や小物選びにおいては、価格よりもマナーを重視し、清潔感を保つことが大切です。葬儀は故人とのお別れの場であり、参列者が互いに心を寄せ合う時間です。適切な装いでその場に臨むことが、故人への敬愛と遺族への思いやりを示すことにつながります。


Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事