お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
四十九日法要のしきたりを知ろう
四十九日とは
  • check_box

    四十九日法要は、亡くなった人が生まれ変わるまでの期間である四十九日間の最後に行われる法要で、この期間中の最も重要な法要とされています。この法要は、故人の来世の行き先が決まる日であり、遺族は故人が極楽浄土に行けるように祈ります。

  • check_box

    四十九日法要には、特定の儀式が含まれます。具体的には、四十九日法要自体、納骨式(火葬後の遺骨をお墓や納骨堂に納める儀式)、開眼法要(仏壇や位牌を新たに購入した際や、お墓を新たに建てた際に行われる法要)、そしてお斎(法事後の会食)があります。

  • check_box

    四十九日は、それまで喪に服していた遺族が日常生活に戻る日という側面もあります。この日を境に、遺族は故人を偲びつつも、日常生活を再開します。

四十九日法要は、亡くなった後49日目に行われる儀式であり、亡くなった人の供養をする重要な行事です。四十九日法要には深い意味や風習がありますので、理解しておくことが大切です。
四十九日の由来

四十九日の由来

四十九日の由来に迫る

  • Point 01

    輪廻転生の考え

    仏教では、人間は死後、新たな生を得るまでの期間があるとされています。この期間を「中有(ちゅうう)」と呼び、その期間が四十九日とされています。

  • Point 02

    七日ごとの裁判

    仏教では、人が死んだ後、七日ごとに七回の裁判が行われ、その最後の判決の日が四十九日目とされています。この判決により、故人は六道(天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道)のうちのいずれかに生まれ変わるとされています。

  • Point 03

    遺族の為の期間

    四十九日法要は、故人の冥福を祈るだけでなく、遺族が故人との別れを癒やす期間ともされています。四十九日を境に、遺族は故人の冥福を祈りつつも、日常生活を再開します。

背景画像
四十九日の意義
四十九日の意義

四十九日は、故人の魂が7日ごと7回の裁判を終えて現世を去り、次の世へ進む節目の日です。また遺族にとっても、7日後との故人の供養に一区切りをつけて、自分達の日常生活に戻っていく節目のタイミングとなります。


故人は初七日を迎えてから7日ごとに、生前に犯した罪を閻魔様によって裁かれ、四十九日をもって来世の行き先が決定されるのです。親族や故人と縁の深かった人々は、故人の成仏と極楽浄土へ行けることを祈って法要を営みます。


また、四十九日は、それまで喪に服していた遺族が日常生活にもどる日という側面もあります。四十九日は「満中陰法要」「忌明け」「七七日」など、さまざまな呼び方があります。故人をしのぶ法要においては、百箇日までは命日を1日目として数えていくのが通例で、つまり、四十九日法要は、故人が亡くなってから48日目に執り行います。


ただし、仕事の都合などで正式な日に四十九日法要を行えない場合もあるかと思います。そのようなときは、当日に近い土日や祝日などに行っても問題ありません。法要の日取りをずらす場合には、基本的には48日目より早い日にちで設定します。

四十九日の風習

四十九日(しじゅうくにち)は、故人の命日から数えて49日目、もしくは49日目までの期間を指します。この期間は、故人の魂が無事に極楽浄土に行けるよう、遺族が7日ごとに法要を行います。四十九日までの間は、7日ごとに生前の行いを裁かれ、49日目に最後の判決を受けて極楽浄土に行けるかどうかが決まります。


遺族は善行を積み、故人の成仏を祈ります。また、四十九日は「忌明け」とも呼ばれ、喪に服していた遺族が日常生活に戻る日でもあります。


四十九日法要は、故人の供養を盛大に行う重要な儀式です。


この期間中は、慶事やお祝い事を避けるべきですが、葬儀の後飾りの祭壇を設け、お花やお茶、お菓子などを供えて四十九日間供養を行うことが一般的です。


四十九日法要には、遺族や参列者の服装や持ち物のマナーもありますので、注意が必要です。

四十九日の風習
四十九日の心得

 四十九日法要は故人を偲び、供養する重要な法事で、出席する際には特定のマナーと知識が必要です。


まず、案内状を受け取ったら、出席または欠席の連絡を早めに行うことが一般的です。


服装については、一周忌の法事までは喪服を着用し、男性はブラックスーツ、女性は黒のワンピースやスーツが適切です。


供物料としては、最近は現金を包むのが一般的で、地域によって金額は異なりますが、1万円から2万円程度を見込んで包むことが一般的です。


当日は時間厳守で会場に到着し、施主や家族にあいさつをして供物を差し出します。


供物は仏壇や祭壇に直接お供えせず、必ず施主に「御仏前にお供えください」と差し出すことがマナーです。


法要の流れは、僧侶の読経、焼香、法話となります。四十九日法要は、故人の供養と感謝の気持ちを大切にする機会となります。


以上が四十九日法要に出席する際の基本的なマナーと知識のまとめです。

四十九日まで

7つの裁判

四十九日の7つの裁判は、仏教における死後の世界観の一部で、亡くなった人が生前の罪について審理を受けるとされています。

  • # 01

    初七日の裁判(秦広王)


    生前に無益な殺生をしていないかを審理します。秦広王は生前への未練を断ち、生前の殺生について調べます。

  • # 02

    二七日の裁判(初江王)

    生前に盗みをしていないかを審理します。故人が三途の川を渡った後、奪衣婆という老婆の鬼に出会い、衣服を剥ぎ取られます。

  • # 03

    三七日の裁判(宋帝王)


    生前に不貞行為を行っていないかを審理します。宋帝王は生前の不貞について調べます。

  • # 04

    四七日の裁判(五官王)


    生前に嘘をついたかどうかを審理します。五官王は生前の嘘について調べます。

  • # 05

    五七日の裁判(閻魔王)


    閻魔王は生前の悪行を全て審理し、来世の行き先を決定します。

  • # 06

    六七日の裁判(変成王)


    生まれ変わる条件が決められます。例えば地獄道ならどの地獄になるか、畜生道なら食う者と食われる者のどちらになるか、人間道なら豊かな国か貧しい国かなど、生まれ変わる場所や存在について詳しく決定します。

  • # 07

    七七日の裁判(泰山王)


    最終的な判決が下され、生まれ変わる時に男女どちらになるか、また寿命も決定されます。

これらの裁判は、故人の行いや罪によって、次の生まれ変わりの行き先が決定されます。四十九日法要は、この最後の裁判が行われる日で、親戚中の人々が集まって故人を応援する大切な日となります。このように、四十九日の7つの裁判は、故人の行いを反省し、来世への道筋をつけるための重要なプロセスとなります。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    私たちは川崎市を拠点に、川崎区を含む地域の皆様に対応する葬儀社です。心に残る葬儀を提供することを目指し、川崎市でのお葬式に関する多様なプランをご用意しています。ご遺族様の精神的、経済的負担を軽減するためのサポートを行い、一般的な二日葬や家族葬、さらには一日葬など、様々なニーズに応じた葬儀を提供しています。また、直葬のご相談も承り、ご予算に応じた最適なプランをご提案いたします。 私たち葬儀屋は、小規模ながらも柔軟な対応を心がけ、川崎市を中心に年中無休でお問い合わせをお待ちしております。突然のご逝去に際して、「どうしたらよいか」とお悩みの際は、どうぞお気軽にご連絡ください。お葬式のご相談は、ご遺族様が直面される後のことだけでなく、事前のご相談も歓迎しております。急ぐことなく、ご自身やご家族のための葬儀プランをじっくりと考える時間を、私たちは大切にしています。葬儀だけでなく、法事のご相談も承り、会場やお料理の手配までサポートさせていただきます。川崎市でのお葬式をお考えの際は、私たち葬儀社に安心してお任せください。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    川崎市にお住まいの皆様、大切な方を亡くされた際の悲しみと不安に寄り添い、川崎区の葬儀社として、葬儀に関するご相談や役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しております。川崎市の葬儀屋として、ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意し、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛ける川崎区のお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。 24時間365日対応しており、川崎市の皆様がお困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせた川崎市のお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるよう、川崎区の葬儀社としてサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム