お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
故人を偲ぶ想いを大切に
喪中はがきとは
  • check_box 喪中はがきの目的とは何か
  • check_box 喪中はがきの送付タイミングはいつか
  • check_box 喪中はがきの文例について
  • check_box 喪中はがきのマナーと注意点
喪中はがきは、故人を偲ぶ気持ちを伝えるために送られる葉書のことです。喪中はがきの送付タイミングや目的についてご紹介します。
喪中はがきの書き方

喪中はがきの書き方

大切な人を偲ぶ気持ちを込めて

  • Point 01

    基本的な書き方
    喪中はがきの文例や書き方を具体的に解説します
  • Point 02

    マナーについて
    喪中はがきの送付タイミングや注意すべきマナーについて詳しく説明します
  • Point 03

    ポイントを押さえる
    喪中はがきのポイントや特殊なケースに対する対応方法を紹介します

喪中はがきを出すタイミング

喪中はがきを出すタイミングは、相手が年賀状の準備を始める前までに出す必要があります。


具体的には、11月中旬から12月初旬までに投函するのが適切とされています。


これは、年賀状の受付開始が例年12月15日頃からであるため、それより早めに準備を進めることが望ましいとされています45。 ただし、12月に亡くなった場合は、相手が年賀状の送付手続きをすでに済ませている可能性が高いため、年明けの松の内(1月7日)が過ぎてから、「寒中見舞い」を送付します。


また、喪中はがきは基本的に、年賀状を例年送付している人に送ります。自分が普段年賀状をやり取りしていた方、葬儀に参列いただいた方、故人が年賀状をやり取りしていた方、その他お知らせした方が良いと思われる方などに出しましょう。


なお、喪中はがきの発送が遅れた場合や、喪中であることを知らない方から年賀状をいただいた場合も、「寒中見舞い」の形で送付します。


この際、文面で、いただいた「年賀状」について触れる場合は、「賀」は祝いの言葉に当たり、避ける必要があるため「年始状」と言い換えます。

喪中はがき

送付時の注意点

  • # 01

    前文に当たる文は省略する


    通常、手紙を書く際は頭語(「拝啓」「前略」など)やその時期の挨拶などを入れるのがマナーですが、喪中はがきでは、前文にあたる文を省略します。


    省略する理由:喪中はがきが弔事にまつわる手紙やはがきであり、その性質上、簡潔な内容で済ませることが求められるからです。また、喪中はがきは悲しみに沈んでいる気持ちを表すため、余計な言葉を省くことでその悲しみをより直接的に伝えることができます。したがって、通常の手紙ではマナーとされる頭語(「拝啓」「前略」など)やその時期の挨拶などは省かれます

  • # 02

    句読点を入れず一字下げもしない


    通常の文章を書く際は読みやすいように句読点を入れたり、文章の頭を一字下げたりしますが、喪中はがきではこれらを行わないことが多いです。


    句読点を入れない理由:日本の手紙や文章にはもともと句読点を使用する文化はなく、喪中はがきをはじめとする挨拶文では句読点を使用しません。句読点をつけ始めたのは、明治時代からで、それまで毛筆で書かれていた文字が活字になり、印刷されて出回るようになりました。そうすると、毛筆での手書きに比べ、文章の区切りが分かりにくく、読みづらくなりました。そのために、明治20年以降に句読点が使われるようになったのです。


    一文字下げをしない理由:日本語は縦書きで書くのが本来の姿であるため、喪中はがきも縦書きで記載し、行頭を下げずに書きます。

  • # 03

    私信・近状報告などは書かない


    喪中はがきには、喪中であるために年始の挨拶状を送れないことをお詫びすることを記します。その他に誰が亡くなったのか、何歳で亡くなったのかなど、故人の情報を書いておく必要もあります。しかし、私信を書き込んだり、自分の近況報告を書き込んだりするのはマナーに反します。


    近況報告を書かない理由:喪中の意味:喪中はがきは、近親者が亡くなり、その悲しみから新年の祝いの気持ちになれないことを伝えるものです。そのため、喪中はがきには故人についての情報と、新年の挨拶を控える旨を伝えることが主な目的となります。近況報告や私信を伝えたい場合は、喪中はがきとは別に手紙やメールなどで伝えるのが適切です。

  • # 04

    シンプルなデザインと薄墨色が基本


    喪中はがきは一から自分で作成しても構いませんが、派手なデザインや色味は使わないように注意しましょう。また、文字を書く場合は薄墨色が基本です。


    薄墨色を使う理由:「突然の訃報で墨を磨る時間がなかったため」や「悲しみの涙で墨が薄まったため」という意味が込められています。

また、喪中はがきは基本的に、年賀状を例年送付している人に送ります。

自分が普段年賀状をやり取りしていた方、葬儀に参列いただいた方、故人が年賀状をやり取りしていた方、その他お知らせした方が良いと思われる方などに出しましょう。

喪中はがきの文例

挨拶分

  • check_box

    喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮させていただきます

  • check_box

    喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

  • check_box

    喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます

  • check_box

    喪中につき、勝手ながら新年のご挨拶は差し控えさせていただきます

喪中はがきの文例

故人について

  • check_box

    本年◯月に母◯◯が◯◯歳にて永眠いたしました

  • check_box

    義父◯◯が本年◯月に◯◯歳にて天寿を全ういたしました

  • check_box

    ◯◯月に母◯◯(享年◯◯)が永眠いたしました

喪中はがき文例

お礼の言葉

  • check_box

    生前に賜りましたご厚情に深謝いたします

  • check_box

    ここに生前のご厚情を故人になりかわり感謝申し上げます

  • check_box

    生前のご厚誼に心より感謝申し上げます

喪中はがき文例

結びの言葉

  • check_box

    皆様に良きお年が訪れますよう心よりお祈りいたします

  • check_box

    明年も変わらぬご厚誼のほどをお願い申し上げます

  • check_box

    なお時節柄一層のご自愛のほどお祈り申し上げます


喪中はがき まとめ

①適切なタイミングで送る:喪中はがきは、相手が年賀状の準備を始める前に送ることが一般的です。具体的には、11月下旬から12月上旬頃までに投函するのが望ましいです。しかし、喪中になったのが12月であったり、うっかり出し忘れてしまったりして投函が間に合わないときは、松の内(元日~1月7日)の期間が明けてから「寒中見舞い」を出しましょう。


②適切な相手に送る:喪中はがきは、普段年賀状をやり取りしている相手すべてに送ります。具体的には、親戚、友人、知人、仕事関係などが該当します。ただし、目上の人や親しい人には、直接電話や手紙で挨拶するのがより丁寧です。


③適切な内容を書く:喪中はがきには「年賀欠礼の挨拶」「誰がいつ亡くなったか」「結びの挨拶」を記載します。また、「近況報告」は記載せず、簡潔な内容で済ませることが重要です。


④適切なデザインを選ぶ:喪中はがきのデザインは、故人との思い出やご自身の気持ちに合わせ、落ち着いた雰囲気を選ぶのが一般的です。また、パソコンで作成する際は明朝体か行書体で作成し、変わったフォントの使用は控えましょう。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事