お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日

遠方への参列ができない方ができること

  • check_box

    弔電を送る: 弔電を送ることで弔意を表すこともできます。 弔電は、NTTが扱うお悔やみの電報のほか、日本郵便株式会社のレタックスでも送ることができます。

  • check_box

    供花・供物を送る: 供花や供物を送ることも、葬儀に参列できない場合にできるお悔やみの方法のひとつです。

  • check_box

    欠席の連絡をする: 遺族に対して欠席の連絡を入れるのがマナーです。連絡は基本は電話、相手との関係や立場によりメール、LINEなどで行います。その際、お悔やみの言葉と葬儀を欠席することへのお詫びを簡潔に伝えます。

  • check_box

    代理を立てる: 参列できないときの一番丁寧な対応は、代理を立てることです。代理の人にお香典を預けて渡してもらう方法があります。

  • check_box

    香典を送る: 香典を送ることも一つの方法です。香典の渡し方には、代理の人にお願いするか、自分で郵送するなどの方法があります。

これらの方法を通じて、遠方にいても故人への敬意と哀悼の気持ちを示すことができます。ただし、具体的な方法を選ぶ際には、故人の宗教や地域の風習に配慮することが重要です。

供花のマナー

供花のマナー

大切な方への最後の贈り物

  • Point 01

    葬家に確認

    供花を贈る前には、遺族の了承を得ることが望ましいです。 香典代わりに供花を贈る場合も、故人の遺志を尊重して辞退されるケースもあるので、行き違いのないよう事前に確認を取るとよいでしょう。

  • Point 02

    葬儀社に依頼する

    遺族の了承を得ることができたら、葬儀を担当する葬儀社に供花を依頼します。ほとんどの場合、供花の管理は葬儀社がしており、同じ内容の供花の注文が自然に行われます。

  • Point 03

    早めの注文を心がける

    市営斎場でお通夜開式の当日、午後から数時間の間で飾り付けをします。

    開式が迫ってからの納品では供花の名札の入れ替えなどでご遺族の負担が増えることになります。

弔電の送り方
弔電をお送りする際、遠方からの場合でも気持ちが伝わるよう、文字数や内容に気を配ることが大切です。例えば、遠方からのご出産祝いと同様に、遠方からの弔電も心を込めて伝えることが求められます。遠方からの弔電は、物理的に手渡すことが難しいため、文字や言葉だけで相手に気持ちを伝える重要な手段となります。弔電は、文字数や内容によっても印象が変わるため、相手に適した内容を選ぶことが大切です。遠方からの弔電は、相手の立場に立ち、心を込めて配慮した文章を添えることで、相手の心に届くものとなるでしょう。遠方からの弔電を送る際は、遠く離れた相手にも心温まるメッセージを届けることを意識し、丁寧な文例やマナーに気を配りましょう。
背景画像
香典の渡し方

香典は現金書留で

 香典を現金書留で送る際の手順は以下の通りです。 


香典を包む: まずは通常通りに香典を包みます。香典袋の選び方や金額、書き方などに注意しながら包みましょう。 


手紙を添える: 香典を郵送するときには必ず「お悔やみ状」と呼ばれる手紙を一緒に送るようにしましょう。お悔やみ状とは、やむを得ない事情などがあり、お通夜お葬式に参列できない、弔問できないときに送る手紙のです。故人様の方への弔意や、ご遺族の方への労いの言葉を綴ります。 


現金書留で送る: 香典はお金を包んでいるものなので、郵送するときは必ず「現金書留」で送ります。香典袋に包んだお金とお悔やみ状を一緒に現金書留封筒に入れて、郵便局から発送します。


 送るタイミング: 香典はいつまでに渡すと言った明確な決まりはありませんが、お葬式から期間が空いてしまうと、ご遺族の方が香典返しを用意するのが二度手間になるため、できるだけ早く送るようにしましょう。理想は訃報を受け取ってから一週間以内で、どれだけ遅くとも1ヶ月以内には届くように現金書留で送ります。


 これらの手順を踏むことで、遠方にいても故人への敬意と哀悼の気持ちを示すことができます。ただし、具体的な方法を選ぶ際には、故人の宗教や地域の風習に配慮することが重要です。

遠隔参列の工夫
遠方から参列できない方々も、大切なひとのお葬式に参加する方法があります。遠隔参列やオンラインでの参加が可能なお葬式は、近年増加しています。お葬式の模様をライブストリーミングやビデオ通話で配信することで、遠方にいる方も参列できるようになります。遠隔参列のメリットは、移動や宿泊の費用がかからず、時間や場所の制約も受けないという点です。オンライン参列は、参列者同士がコミュニケーションを取り合うことが難しいというデメリットもありますが、遠方にいるために参加できない人たちにとっては有益な手段となります。お葬式の模様をビデオや写真で後日送るだけでも、遠方からのご参列を感じさせることができます。遠方から参列できない場合でも、遠隔参列やオンラインでの参加ができるので、大切なひとのお別れに参加する方法を工夫することができます。
遠隔参列の工夫

遺族への気持ちを伝える

参列できない場合でも、葬儀へのお悔やみの気持ちを伝える方法やポイントについて解説します。相手の気持ちを尊重し、お悔やみの言葉を伝えることは大切です。手紙やメッセージカード、電話などを通じて、心からの哀悼の意を伝えることができます。また、参列できない理由を誠実に伝えることも重要です。適切なタイミングでお悔やみの気持ちを伝えることで、ご遺族の方々に感謝と励ましの気持ちを届けることができます。参列が難しい場合でも、他の方法でお悔やみの気持ちを伝えることができるので、思いやりを持って接することが大切です。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事