お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
葬儀での弔電の役割を理解しよう
弔電とは
  • check_box

    訃報を受けた故人や遺族に対して、お悔やみの気持ちを伝える電報です。

  • check_box

    夜や葬儀に参列できない場合に送るのが一般的です。


  • check_box

    弔電は、葬儀や告別式で読み上げられることが多いです。

弔電は葬儀や告別式などで、故人や遺族に対して哀悼の意を表すために送ることが一般的です。弔電は故人や遺族に対する心からの思いやりと敬意を示す大切な手段とされています。
弔電の種類

弔電の種類

様々な弔電の意味や選び方を解説

  • Point 01

    ベーシック電報

    最も格安で利用できるシンプルなデザインの電報で、故人との関係があまり親しくない場合に適しています。

  • Point 02

    刺繍電報

    落ち着いた色合いと繊細な刺繍が特徴で、故人のイメージに合わせて選ぶことができます。

  • Point 03

    フォーマル電報

    素材とデザインにこだわった高級感のある電報で、特別な方への弔電にふさわしいとされています。

弔電のオプション

台紙の種類:和紙や西陣織、押し花や刺繍が施された高級な台紙など、故人への敬意を表すためのさまざまなデザインが選べます。


メッセージの書体毛筆風やブロック体など、メッセージの印象を変えるための書体を選択できます。


贈り物の追加:お線香やプリザーブドフラワーなど、故人への哀悼の意を示すためのアイテムをオプションとして添えることができます。

弔電のマナー

宛先と宛名: 弔電は、葬儀・告別式の数時間前までに斎場の住所に届くように送ります。宛先は、通夜・葬儀の会場名と住所です。斎場なら「気付」を加えて記載しましょう。弔電を故人様の自宅に送る場合は、その住所を記入します。


文面の注意: 弔電で使用を避けるべき「忌み言葉」に注意しましょう。直接的にも間接的にも「死」に関する言葉や、「重ね重ね」「再び」などの「忌み言葉」を避けます。弔電は、故人との関係性や状況に合わせて丁寧に送ることが大切です。

弔電の文章
フォーマットの一例

各社の文例にあわせてご利用ください。

  • # 01

    一般的な弔電の文例①

    “○○様のご訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。ご生前の笑顔が思い出され、深い悲しみでいっぱいです。安らかにご永眠されますようお祈り致します。”

  • # 02

    一般的な弔電の文例②


    “突然の悲報に接し、誠に残念な思いです。ご遺族様のお悲しみはいかばかりかとお察し致します。ご生前のお姿を偲び、心からお悔やみ申し上げます。”

  • # 03

    敬称が入る弔電の文例①

    “会長様のご訃報に接し、惜別の念を禁じ得ません。社員ご一同様のお嘆きをお察し申し上げますとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。”

  • # 04

    敬称が入る弔電の文例②


    “○○様の不慮のご逝去に際し、当社社員一同、驚愕しております。社員の皆様方がお力を合わせて、この度のご不幸を乗り越えられることを心からお祈り致します。”

  • # 05

    葬儀に参列できないときの文例①

    “○○様のご訃報に接し、ご遺族様のお悲しみいかばかりかとお察し致します。すぐにでも最後のお別れに伺わなければならないのですが、遠方のため駆けつけることができず残念です。故人のご冥福を心よりお祈り致します。”

  • # 06

    葬儀に参列できないときの文例②


    “突然の悲報に接し、茫然としております。時節柄、駆けつけることが叶わず残念でなりません。ご生前のお姿をお偲びしますとともに、心からご冥福をお祈り致します。”

弔電を送る際の親族の呼び方について、以下の敬称を一覧でご紹介します。


父親:ご尊父様/お父様/お父上様

母親:ご母堂様/お母様/お母上様

夫の父親:お舅様/お父上様/お父様

夫の母親:お姑様/お母上様/お母様

妻の父親:ご岳父様/ご外父様/お父様

妻の母親:ご岳母様/ご丈母様/ご外母様/お母様・

祖父:ご祖父様/おじい様

祖母:ご祖母様/おばあ様

背景画像
弔電の価格
弔電の価格

弔電は、不幸に際してお悔みを伝えるための電報です。

通常、お通夜や葬儀に参列できない場合に利用されます。弔電は電話やインターネットを通じて申し込むことができ、基本的には申し込んだ当日に先方に届けることができます。電報が生まれたのは明治初期で、弔電の習慣が生まれたのは1930年代半ばだといわれています1. 弔電にはさまざまな種類があり、それぞれ異なる価格帯があります。以下に弔電の相場と関係別の使い分けをご紹介します。


親族:親族であっても、故人とどれくらい親しかったかによって相場が異なります。遠い親戚なら約1,000円程度、近しい関係なら5,000円~10,000円程度の豪華な弔電が適切です。


友人やお世話になった方:友人間での香典の相場金額は3,000円~10,000円程度ですので、電報だけなら5,000円、後日お香典を包む場合は香典5,000円と弔電台紙3,000円程度にしておくのがベターです。


知人:知人には1,000円~3,000円程度の弔電が適しています。 仕事関係者:仕事仲間には3,000円~10,000円程度の弔電が適切です。


弔電の料金は基本的に電報台紙の代金+文字数で計算されます。電報台紙のデザインや種類によっても相場が異なりますが、一般的には以下のような傾向が見られます。


 1000円~3000円:シンプルなメッセージカードタイプのもので、性別や年齢を問わずどんな相手にでも送りやすいです。


3000円~5000円:電報台紙のデザインがより凝っていたり、付属品があるものが多くあります。この価格帯を選ぶと、より丁寧な気持ちを伝えることができます。


5000円以上:大きめのブリザーブドフラワーや漆の箱、お盆が付属しているものが多くあります。親しい友人や目上の方におすすめです。


文字数によっても料金が異なりますので、注意して申し込んでください。差出人の氏名や住所も文字数に含まれますので、その点も考慮してください1。弔電を送る際には、気持ちを大切に表すことが大切です。 弔電台紙の選び方や料金相場について、参考になれば幸いです。

弔電はどこに頼む?

弔電を頼む方法はいくつかあります。以下にいくつかの方法をご紹介します。


郵便局のWebレタックス(電報類似サービス)を利用する

Webレタックスは、日本郵便が提供している弔電のサービスです。文字数制限なしで、さまざまな台紙から選んで弔電を送ることができます。

以下は、Webレタックスでの弔電の送り方です。

台紙を選ぶ

うるし風、織物、おし花、無地など、さまざまな台紙があります。

メッセージ&イラストを選ぶ

かんたん作成(文例を使って作成)またはこだわり作成(画像や写真のアップロード)の2パターンから選べます。 あて先を入力して送信する。


 電話で注文する

弔電は電話注文でも申し込むことができます。NTTの「115」に電話をかけてオペレーターとやりとりをしながら文面や台紙を決定します。 電話での注文は緊急時に便利で、19時までに申し込めば当日に配達してもらえます。


郵便局以外の電報サービス会社を利用する

郵便局以外にも電報サービス会社があります。これらの会社を利用して弔電を送ることもできます。 弔電を送る際には、相手の関係性や状況に応じて適切な台紙や文面を選ぶことが大切です。

弔電配達

弔電についてのまとめ

「このページを通じて、弔電の重要性とその書き方について理解していただけたことを願っています。弔電は、亡くなった方への敬意を示すための大切な手段であり、適切な言葉を選ぶことでその思いがより深く伝わります。皆様がこの情報を活用し、心からの哀悼の意を形にするお手伝いができれば幸いです。」

相談

check!

葬儀屋さん選び、間違っていませんか?

不必要なコストを削減しつつも品質高い葬儀をご遺族様へ料金として還元。大きな斎場も何十人もの社員もおりません。

斎場や社員にかかるコストはお客様が支払う葬儀代金とイコールで間違いありません。

地域密着・生花関連を自社制作により、本来のあるべき適正価格でのご葬儀の提供をお約束致します。葬儀は高くて当たり前ではありません。

  • Point 01

    互助会に入会されている方

    互助会の積立で希望の葬儀を執り行うことはできません。実際の葬儀では積立金の他にかなりの金額が必要になります。

  • Point 02

    病院に葬儀社を紹介された場合

    病院から紹介された葬儀社に依頼する必要は一切ありません。大事な方が亡くなった悲しみと不安の中だからこそ、葬儀社選びは慎重になってください。

  • Point 03

    葬儀社の紹介サイトをご覧の方

    芸能人がCMなどで宣伝してる葬儀社は仲介サービスです。葬儀社から仲介元に紹介手数料が発生するシステムです。

花美葬が安い理由

消費者目線の葬儀社

適正価格へのこだわり

  • 中間マージンの撤廃

    花祭壇を葬儀屋向けに卸していた会社が葬儀屋を始めました。花祭壇を作る企業として、お客様に適正価格の葬儀のご提供をお約束します。

  • リベートの廃止

    供花にも生花店と葬儀社にはリベートが発生します。物価高騰の最中でも値上げをせず、ボリューム満点で納得いただける商品をご提供致します。

  • 適正な仕入れ

    一葬家ごとに花の仕入れをしています。生花のロスを最小限に抑え常に新鮮な花の葬儀をお約束致します。

Contact
お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事