お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
心を清める伝統の品

お清め塩の意味とは

  • check_box

    邪気を遠ざける:お清め塩は、邪気を遠ざけるともされています。これは、塩には浄化作用があるとされているからです。

  • check_box

    生命を維持する象徴:塩は生命を維持するために必要なものであり、その象徴として用いられます。また、塩は腐敗を防ぐ性質があり、その性質から「不浄のものを清める」という意味もあります。

  • check_box

    穢れを祓う:お清め塩は、お通夜や葬儀に参列した後、自身を清めるために使われます。神道では死を穢れ「ケガレ」と考え、そのケガレを祓うために塩を用います。

これらの意味は、宗教や地域により異なる場合もあります。また、お清め塩を使うかどうかは、信仰する宗教や自分の考えによって決めてよいとされています。

葬儀から帰宅した際に

お清め塩を使うことで、

身体を清めることができます。

  • check_box

    自宅の玄関前で準備する:お清めの塩は、葬儀から自宅に帰ったあと、玄関前で使うのが一般的です。

  • check_box

    手を洗う:お清めの塩を使う前に、まず手を洗います。

  • check_box

    胸元、背中の順に掛ける:水で手を清めた後、お清めの塩を使います。まずは胸元に塩を掛け、続いて背中に掛けていきます。

  • check_box

    最後に足元に掛け、落ちている塩を踏む:最後に、足元にお清めの塩を掛けます。掛けた後に服に付いた塩はよく払うようにしましょう。そして、足元に落ちた塩を踏んでから家に入ります。

このようにしてお清めの塩を使うことで、身体を清めることができます。ただし、お清めの塩を使うかどうかは、信仰する宗教や個人の考え方によります。また、お清めの塩を使うのを忘れてしまった場合でも、特に心配する必要はありません。

お清め塩

お清め塩が不要な宗派、宗教

お清め塩が不要な理由

  • # 01

    浄土真宗

    浄土真宗:浄土真宗では、死を穢れと捉えていないため、お清めの塩を使用しないとされています。浄土真宗では、お清めの塩を使用することは逆に故人に対して失礼な行動であると考えられています。

  • # 02

    見出し

    キリスト教:キリスト教では、死を穢れと考えていない上に、塩に悪いものを退ける力があるという考えもないため、お清めの塩は使われません。

  • # 03

    無宗教

    無宗教の葬儀:無宗教の葬儀の場合は宗教が関わらないため、お清めの塩の必要性はありません。しかし、葬儀の考え方やルールを決めるのは喪主や遺族であり、お清めを行う・行わないと決めるのも喪主や遺族となります。

これらの情報は一般的なものであり、具体的な宗派や教会、個々の信者の考え方により異なる場合があります。

そのため、具体的な状況に応じて適切な対応をすることが重要です。

お清め塩を

使うようになった歴史

  • check_box

    **神道の影響**:お清め塩の使用は、主に日本の神道の影響を受けています。神道では「死」を穢れたものとして捉え、その穢れを祓うために塩を用いる習慣がありました。

  • check_box

    **伊邪那岐命(イザナギノミコト)のエピソード**:お清め塩の由来は、日本神話の一部である伊邪那岐命のエピソードに由来しています。伊邪那岐命が黄泉の国から現世に帰ってきた際、海で体を洗い、穢れを祓ったというエピソードがあります。このエピソードから、塩っ気のある海に入ったからこそ、塩にも祓う効果があると考えられました

  • check_box

    **穢れを祓うための習慣**:昔の日本では、天災や病気などの良くないことが起こった時、塩で身を清めて厄を逃れるという風習がありました。

  • check_box

    **全国的な習慣**:地域によっては、米、味噌、大豆、魚、餅、団子、豆腐などを食べることで清めとするところもありました]。また、海沿いでは、海で手や顔を洗い、口をすすぐ地域もあります。

  • check_box

    **昭和40年代からの変化**:昭和40年代ごろから、会葬礼状に清め塩の小袋が添えられるようになりました。


これらの情報は一般的なものであり、具体的な宗派や教会、個々の信者の考え方により異なる場合があります。そのため、具体的な状況に応じて適切な対応をすることが重要です。


もし無宗教や浄土真宗の葬儀に参列する際で、一般的にはお清め塩が必要ない状況でも、個人的にお清め塩を希望する場合があります。そのような場合、葬儀社に対してその旨を伝えてみてください。葬儀社は通常、お清め塩を用意していますので、あなたの要望に応じて提供してくれるでしょう。これにより、自分自身の心の準備と敬意を保つことができます。このような配慮は、葬儀の進行をスムーズにし、故人への敬意を示すためにも重要です。それぞれの葬儀が個々の信仰や習慣に基づいていることを理解し、尊重することが大切です。それぞれの人が自分自身の方法で故人を偲び、敬意を表すことを尊重しましょう。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事