お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日

大切な方を送る最後のお別れを、

心からの思いを込めて

喪服の基本的なマナー
  • check_box

    喪服・女性の喪服は、黒無地で光沢のない生地のワンピースやセットアップが基本です。和装の場合は黒無地の着物を選びます。

  • check_box

    アクセサリー・結婚指輪以外のアクセサリーは避け、必要な場合は白か黒のパールのネックレスとイヤリングを選びます。

  • check_box

    靴とバッグ・革製品は避け、黒の布製のパンプスとバッグを選ぶのが適切です。

  • check_box

    ストッキング・黒無地で30デニール以下のストッキングを着用します。通夜では肌色のストッキングも許容されますが、葬儀では黒を選びます。

  • check_box

    メイクと髪型・ナチュラルメイクが望ましく、髪型は清潔感があり、ロングヘアの場合はまとめ髪にすることが推奨されます。

喪服の選び方や着こなしのポイントについてご紹介します。大切な方への最後のお見送りにふさわしい服装を選ぶ際の参考にしてください。
パールネックレス

喪服の種類

大切な日の服装を気持ちと共に

  • Point 01

    正喪服

    女性の正喪服は、最も格式の高い喪服で、主に喪主や親族が葬儀や告別式で着用します。洋装の場合、黒無地で光沢のない生地のワンピースやセットアップが基本とされ、露出を避けるためにジャケットやボレロと合わせて着ることが多いです。和装の場合は、染め抜き五つ紋で黒無地の着物を着用し、帯や帯揚げ、帯締めもすべて黒無地を選びます。半襟、襦袢、足袋は白色でも良いとされていますが、草履やバッグなど人目に付く小物はすべて黒にするのが一般的です。

  • Point 02

    準喪服

    女性の準喪服に関しては、正喪服に次ぐ格式を持つもので、お通夜や葬儀、告別式、一周忌までの法要で着用されることが一般的です。準喪服は、遺族や親族、一般の参列者も着用するため、最も一般的な喪服とされています。基本的には、黒無地や地味な織り柄、光沢がなく透けすぎていない素材が適しており、夏はレース素材、冬はベロアやベルベットなど季節感のある素材を選ぶことも可能です。また、黒のワンピース、スーツ、アンサンブル、パンツスーツなどが着用されます。

  • Point 03

    略喪服

    略喪服は、フォーマルな喪服よりもカジュアルで、通常のビジネススーツや地味な色のワンピースが適しています。女性の場合、黒や濃紺、ダークグレーなどの地味な色の服装が好ましいとされています。光沢のある素材や華美なデザインは避け、シンプルで控えめなスタイルを選ぶことが大切です。略喪服は、三回忌以降の法要や「お別れ会」など、正式な喪服を必要としない場面で着用されることが多いです。

女性の喪服

アクセサリー

いくつかのマナーがあります

ネックレスは一連をお選びください。
二連は不幸が二重になる事を連想させます。

  • 真珠のネックレス
    ネックレス

    真珠のネックレスが一般的ですが、二連やロングネックレスは避け、襟ぐりからやや上に沿うような長さが理想的です。

  • 結婚指輪
    指輪

    結婚指輪以外は避けるべきです。特に大きな宝石や光沢のあるものは不適切とされます。

  • パールのピアス
    ピアス・イヤリング

    真珠のイヤリングやピアスは許容されていますが、金の台がついているものや揺れるデザインは避けるべきです。

  • ブローチ
    ブローチ・コサージュ

    葬儀では身につけない方が無難です。

  • シュシュ
    ヘアアクセサリー

    質素でカジュアル過ぎないものなら問題ありませんが、シュシュやカチューシャは避けるべきです。

参列の際の女性の持ち物

参列する際の靴について

  • ヒール
  • ヒール
  • ヒール
  • ヒール

1. 色: 靴は無地の黒色を選びます。明るい色や柄が入ったデザインは避けましょう。
2. 形状: パンプスは「ラウンドトゥ」や「スクエアトゥ」が適しています。つま先が丸いか四角い形のものを選び、オープントゥや装飾が多いものは避けてください。
3. ヒール: ヒールの高さは3~5センチのミドルヒールが望ましいです。高すぎるヒールやフラットシューズは不適切とされています。
4. 素材: 光沢感のない布製や革製の靴が好ましいです。エナメルやスエード、アニマル柄などは避けるべきです。
5. ストッキング: 黒のストッキングを着用するのが一般的です。
これらのポイントに注意して、故人を偲び、遺族に対する敬意を表するための適切な靴を選んでください。

背景画像
喪服の保管方法

喪服の保管方法

1. クリーニング後は必ず袋から取り出す

クリーニングから返ってきた喪服は、ビニール袋から取り出し、風通しを良くしてから保管しましょう。ビニール袋は一時的なもので、長期保管には適していません。
2. 防虫剤や乾燥剤を使用する

喪服は滅多に着用しないため、虫食いやカビを防ぐために防虫剤や乾燥剤を使用し、定期的に交換することが大切です。
3. 厚めのハンガーを使用して吊るし保管する

型崩れを防ぐために、厚みのあるハンガーを使用し、喪服を吊るして保管します。木製のハンガーがおすすめです。
4. 湿気の少ない乾燥した場所に保管する

喪服は湿気を避け、清潔で日光が当たらない場所に保管することが理想的です。

喪服のレンタル

時間に余裕をもって

数珠


喪服レンタルの方法

 葬儀社へ依頼: 葬儀社は貸衣装店と提携していることが多く、喪服を確実にレンタルできます。ただし、仲介手数料がかかる場合があります。

地元の貸衣装店へ依頼: 時間に余裕がある場合は、地元の貸衣装店で直接喪服を選ぶことができます。事前に電話でサイズの確認をすると良いでしょう。

インターネット上のレンタル業者へ依頼: 日程に余裕がある場合は、オンラインで喪服をレンタルすることも可能です。配送のタイミングを確認し、必要な日に間に合うように手配しましょう。

紳士服店へ依頼: 一部の紳士服店では女性用の喪服もレンタルしています。礼装のレンタルが可能な店舗を探してみてください。


喪服のレンタル料金は、葬儀社や貸衣装店での場合は7,700円から、インターネットレンタルの場合は5,280円からとなっていることが多いです。また、紳士服店でのレンタルは、女性用で5,000円から可能な場合があります。 レンタルする際には、喪服が必要な日程を考慮して、適切な方法を選ぶことが重要です。また、レンタル後のクリーニング不要や往復送料無料など、サービス内容もチェックしておくと良いでしょう。ご利用の際は、各レンタル業者のサービス内容や規約をよく確認してください。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事