お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日

安心してお任せください

(川崎市の場合)

ご逝去された際の手続き
  • check_box ご逝去された際は、まずは葬儀社に連絡しましょう。スタッフが丁寧に手続きのアドバイスをしてくれます。
  • check_box

    安置場所は自宅、専用施設、葬儀社の自社施設、川崎市営斎場となります。

  • check_box

    病院・施設から直接、市営斎場への安置はできません。

ご逝去された際には、まずどのような手続きが必要なのかをご説明します。安置場所を選ぶ際に考慮すべきポイントや手続きの流れを分かりやすく解説します。
自宅での安置

自宅での安置

遺族の感情や状況に合わせた対応を提案

  • Point 01

    清潔な寝具

    ご遺体を温めないように薄い布団を選び、布団の上には守り刀を置きます。守り刀は葬儀専用の模造品などを用いますが、自宅にある小さなナイフやカミソリでもかまいません。顔に白い布をかぶせ、手は胸元で合掌させてそこに数珠をかけます。

  • Point 02

    安置をする場所

    自宅に仏壇がある場合は仏壇の前に安置し、ない場合は座敷など畳のある部屋に安置します。布団に新しいシーツと枕カバーをかけて、ご遺体を寝かせます。布団は生前に使っていたものでかまいません。北枕、もしくは西枕になるようにします。枕は使う場合はあまり高くないものを選びましょう。

  • Point 03

    室温の管理

    ご遺体の冷却と保存が重要です。春夏はエアコンなどを使用して室温を18℃以下に保ち、冬は暖房の使用を控えます。加湿器は室温を上げてしまうため、控えた方が賢明です。

守り刀

守り刀を置く理由は、故人の魂が冥土に旅立つ際に、道中で遭遇するかもしれない悪霊や魔物から守るためのお守りとしての役割があります。また、死を穢れと捉える神道では、その穢れを払う意味合いがあるとされています。さらに、死者を魔物から守る魔除けとして、また猫除けとしても使われたという説もあります。 守り刀が必要とされない宗派には、浄土真宗があります。浄土真宗では、故人は亡くなった直後に阿弥陀如来によって極楽に旅立てると考えられており、死後の旅をするための守り刀や追善供養は必要ないとされています。

枕飾り

枕飾りは、故人が亡くなった後、自宅に安置された遺体の枕元に設置される供物台です。これは、通夜や葬儀の前までの間、仮の祭壇として機能し、弔問に訪れる方々が手を合わせるために用いられます。枕飾りは、故人の魂がこの世からあの世へ迷わずに旅立てるようにするためのものでもあります。 枕飾りには、以下のようなものが含まれることが一般的です。


・ 三具足(香炉、燭台、花立て)

・仏壇の鈴コップか湯飲みに入れた水

・枕飯(亡くなった方のこの世での最期の食事を象徴するもの)

・枕団子

・線香


宗教や宗派によって枕飾りの内容には違いがありますが、基本的には上記のようなものが用意されます。

また、故人が好きだった食べ物を供えることもありますが、生ものは避けるのが一般的です。


背景画像
市営斎場の利用方法

川崎市営斎場の安置施設

かわさき南部斎苑は川崎市が運営している公営の斎場・火葬場です。


川崎市川崎区夜光3-2-7 

電話番号は044-277-8146


かわさき南部斎苑の遺体保管庫

かわさき南部斎苑一般向け利用案内

かわさき南部斎苑には12庫の遺体保管庫があります。

通夜までに日数を要する場合や、火葬のみを行う場合で自宅に安置できない場合に利用できます。


利用料金1日1500円

移動ができる時間帯 9:00~11:00(友引日除く)

面会ができる時間帯 9:00~11:00(友引日除く、葬儀社の同行が必要)


かわさき北部斎苑は、神奈川県川崎市高津区にある斎場・火葬場です。


川崎市高津区下作延6丁目18-1 

電話番号: 044-822-3171


かわさき北部斎苑の遺体保管庫

かわさき北部斎苑一般向け利用案内

かわさき南部斎苑には12庫の遺体保管庫があります。 通夜、葬儀までに日数を要する場合や、自宅に安置できない場合に利用できます。


利用料金1日1500円

移動ができる時間帯 9:00~11:00 (友引日除く)

面会ができる時間帯 9:00~11:00(友引日除く、葬儀社の同行が必要)

*かわさき北部斎苑は斎場の利用がないと遺体保管庫の利用ができません。火葬式での遺体保管庫の利用ができません。


民間の安置施設

安置専門施設と葬儀社の安置施設

安置施設


それぞれの特徴

葬儀社や斎場の安置施設: 葬儀社や斎場の安置施設は、故人の遺体を安全に保管する場所です。施設によっては、遺族が24時間自由に遺体と対面できるわけではないので、面会時間に制限がある場合もあります。また、遺族が宿泊できるようになっている施設もあります。葬儀社や斎場の安置施設を利用した場合の費用は、一日約1~3万円位です。


民間の安置専用施設:民間施設の安置所 民間施設の安置所は、ご遺体を安置することに特化した施設です。ここでは、遺体を保管するために必要な設備が整っており、専門スタッフが対応してくれます。葬儀場の安置室よりも面会の制限が少ないのがメリットです。 料金と期間 民間施設の料金は、一般的に1日あたり1万円前後と言われています。

ご家族の安心を第一に
お客様の安心を第一に考え、安置場所選びから葬儀の手続きまでサポートいたします。ご家族の気持ちに寄り添い、心を込めたご葬儀をご提案いたします。

当社は24時間365日年中無休で対応しており、いつでもお気軽にご相談いただけます。大切な方が亡くなられた際、迅速かつ丁寧に対応し、ご家族の負担を最小限に抑えるよう努めています。葬儀は一生に一度の大切な儀式ですので、お客様のご要望や思いをしっかりと形にするために、細やかな打ち合わせを行い、丁寧なサポートをさせていただきます。お客様のご希望や予算に合わせて、さまざまなプランやオプションをご提供しております。

ご遺族の皆様が安心してお見送りができるよう、心をこめたサービスを提供することを大切にしています。葬儀は亡くなられた方への最後のお別れですので、その想いや感謝を形にするお手伝いをさせていただきます。
相談

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    私たちは川崎市を拠点に、川崎区を含む地域の皆様に対応する葬儀社です。心に残る葬儀を提供することを目指し、川崎市でのお葬式に関する多様なプランをご用意しています。ご遺族様の精神的、経済的負担を軽減するためのサポートを行い、一般的な二日葬や家族葬、さらには一日葬など、様々なニーズに応じた葬儀を提供しています。また、直葬のご相談も承り、ご予算に応じた最適なプランをご提案いたします。 私たち葬儀屋は、小規模ながらも柔軟な対応を心がけ、川崎市を中心に年中無休でお問い合わせをお待ちしております。突然のご逝去に際して、「どうしたらよいか」とお悩みの際は、どうぞお気軽にご連絡ください。お葬式のご相談は、ご遺族様が直面される後のことだけでなく、事前のご相談も歓迎しております。急ぐことなく、ご自身やご家族のための葬儀プランをじっくりと考える時間を、私たちは大切にしています。葬儀だけでなく、法事のご相談も承り、会場やお料理の手配までサポートさせていただきます。川崎市でのお葬式をお考えの際は、私たち葬儀社に安心してお任せください。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    川崎市にお住まいの皆様、大切な方を亡くされた際の悲しみと不安に寄り添い、川崎区の葬儀社として、葬儀に関するご相談や役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しております。川崎市の葬儀屋として、ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意し、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛ける川崎区のお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。 24時間365日対応しており、川崎市の皆様がお困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせた川崎市のお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるよう、川崎区の葬儀社としてサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム