参列のマナー


葬儀に参列する際のマナーをシーン別にご紹介致します。

葬儀・葬式に参列する際のマナー

基本マナー


  • 参列する際のマナーについてお答えします。


    「参列」とは、葬儀に出る時の言葉ですが、似た言葉も多く使い方が難しいです。 参列の意味や似た言葉との違い、使い方、マナーなどをご紹介します。参列は葬儀に出ることを意味する言葉ですが、本来は式に参加するという意味なので結婚式でも使うことができます。 参列には、以下のようなマナーがあります。


    *携帯電話は切り、話は控えます。

    *服装は、基本的に黒色のスーツが一般的です。

    *香典を持参する場合は、事前に金額を確認しておきます。

    *香典を渡す際は、お悔やみの言葉を述べてから渡します。

    *葬儀会場に到着したら、受付で芳名帳に記帳します。

    ダウンロード (3)

お焼香のマナー

一般的なお焼香のマナーと宗派別の作法

  • 宗派によるお焼香の違い


    焼香には、宗派や地域によって異なるマナーがありますが、一般的には以下のような手順があります

    *焼香台に向かって一礼します。

    *抹香を取り、香炉に投げ入れます。

    *両手を合わせ、故人に向かって一礼します。

    *焼香台から離れ、遺族に一礼してから席に戻ります。


    宗派ごとの焼香の作法は以下の通りです


    【浄土真宗大谷派】2回・押しいただかない

    【浄土真宗本願寺派】1回・押しいただかない

    【真言宗】3回・押しいただく

    【天台宗】1回または3回・押しいただくかは自由

    【曹洞宗】1回目に押しいただく・2回目は押しいただかない

    【臨済宗】1回または3回・押しいただくかは自由

    【浄土宗】1回または3回・押しいただくかは自由

    【日蓮宗】1回または3回・押しいただく

    以上のようなマナーを守って、故人に対する敬意を示しましょう。

    宗派別作法を更に詳しく

    ダウンロード (3)

服装について

参列する際の服装について、男性と女性で

ご説明します

  • 喪服の基本

    葬儀に参列する際の服装のマナーについてお答えします。

    葬儀に参列する際は、基本的には黒色の喪服が望ましいです。喪服には、正喪服・準喪服・略喪服の3つの種類があり、立場や弔事の種類によって装いを選ぶのが基本的なルールです。


    男性の場合、光沢感のない準喪服のブラックスーツが一般的です。ジャケットはシングルでもダブルでもどちらでも構いませんが、ズボンの裾はシングルで折り返しのないものを選びましょう。ワイシャツは、白で無地のもの、標準的な襟のタイプがおすすめです。ネクタイは黒の無地で光沢がないものを選び、結ぶ際は、結び目の下のくぼみを作らないことがお悔やみの場でのマナーとされています。ベルトや靴下も黒の無地を選びましょう。シューズは黒の紐が付いた革靴が基本で、スエードやエナメル素材、金具付きのシューズは避けましょう。


    女性の場合、準喪服のブラックフォーマルが基本で、ワンピースやアンサンブルが望ましいです。スカート丈は、膝からふくらはぎくらいのものを着用しましょう。短くても膝が隠れる長さが良いでしょう。アクセサリーは、結婚指輪以外を外し、付ける際は、涙を表すとされる真珠のシンプルなネックレスやイヤリングなどを選ぶのが無難です。ストッキングは黒、バッグも光沢や金具のないシンプルな黒のものを選びましょう。シューズも黒のパンプスが基本で、エナメル素材や素足が露出するサンダル、高いヒールのものはふさわしくありません。

    以上のようなマナーを守って、故人の冥福を祈り、遺族に弔意を示しましょう。

    ダウンロード (3)

数珠の使い方

葬儀に使用する数珠について

  • 数珠の持ち方やマナー

    数珠は、葬儀や法事に参列する際に持参することが一般的です。数珠は、読経や焼香をする際に使う法具であり、故人に対する敬意を表すものです。数珠の持ち方は、宗派によって異なります。一般的には、左手で持ち、房を下に垂らすようにします。また、数珠を使う際には、以下のようなマナーがあります


    ●数珠は、個人間での貸し借りはできません。

    ●数珠は、他の法具と一緒に持たないようにします。

    ●数珠は、自分の宗派に合ったものを持参します。

    ●数珠は、左手で持ち、右手で抹香をつまみます。

    ●数珠は、房を下に垂らすようにします。


    以上のようなマナーを守って、故人に対する敬意を示しましょう。

    宗派別作法をもっと詳しく

    ダウンロード (3)

香典について

立場による金額と渡し方

  • 香典に関するマナーや決まり事

    香典は、故人の遺族を経済的に助けるという意味があり、様々な決まり事があります。香典は、通夜・葬儀・告別式に持参し、受付で渡します。香典袋には、金額とお名前を記入します。香典袋は、一般的にコンビニ・文具店・スーパー等でも購入できます。香典の金額は、故人との関係性や付き合い、自分の年齢によって変わります。一般的に会社の同僚や友人・知人の場合は目安として20代は三千円〜五千円程度、30代以上は一万円〜五万円程度とされています。両親や親族(親戚)の場合の目安としては20代は五万円程度、30代以上は五万円〜十万円程度が相場です。


    香典を渡す際のマナーは以下の通りです。

    1. 香典は、通夜・葬儀・告別式に持参し、受付で渡します。
    2. 香典袋には、金額とお名前を記入します。
    3. 香典袋は、一般的にコンビニ・文具店・スーパー等でも購入できます。
    4. 香典の金額は、故人との関係性や付き合い、自分の年齢によって変わります。
    5. 金額は、細かいお札で用意し、新札を使うようにしましょう。
    6. 香典袋を渡す際は、両手で渡し、相手に向けて正面になるようにします。
    7. 香典袋を渡す際は、相手に向けて正面になるようにします。



    以上のようなマナーを守って、故人に対する敬意を示しましょう。


    ダウンロード (3)

お悔やみの言葉

シーンや関係によっての言葉の掛け方

  • 心をこめて

    お悔やみの言葉には、故人を弔う気持ちを込めた短い言葉を伝えることが一般的です。ご遺族の気持ちを汲み取り、失礼のないような言葉を選ぶことが大切です。

    一般的なお悔やみの言葉としては、「ご愁傷さまです」や「お悔やみ申し上げます」が挙げられます。ただし、故人との関係性やご遺族の信仰によって異なる場合があります。以下に、故人との関係性によって異なるお悔やみの言葉をいくつか紹介します

    • 夫や妻を亡くされた場合:「ご主人(奥様)のご冥福をお祈りいたします」
    • 父親を亡くされた場合:「ご父親のご冥福をお祈りいたします」
    • 母親を亡くされた場合:「ご母親のご冥福をお祈りいたします」
    • 子供を亡くされた場合:「お子様のご冥福をお祈りいたします」
    • 兄弟を亡くされた場合:「ご兄弟のご冥福をお祈りいたします」
    • 親戚を亡くされた場合:「ご親族の皆様のご冥福をお祈りいたします」
    • 友人を亡くされた場合:「ご友人のご冥福をお祈りいたします」

    お悔やみの言葉を伝える際には、以下のようなマナーにも注意しましょう。

    • 簡潔な言葉で伝える。
    • 忌み言葉や故人の死因を尋ねない。
    • 励ましの言葉を言わない。
    • きちんとした服装で伝える。

    以上のようなマナーを守って、故人を偲び、ご遺族に寄り添いましょう。


    ダウンロード (3)

言葉や数字

葬儀で使ってはいけない言葉や控えたい数字

  • 注意が必要です

    葬儀で避けるべき言葉や数字については、宗派や地域によって異なる場合があります。一般的には、以下のような言葉や数字を避けることが望ましいとされています

    • 「死」や「苦」を連想させる数字「4」と「9」
    • 「切れる」、「別れる」、「終わる」、「消える」、「死ぬ」、「死亡」、「急死」、「浮かばれない」、「迷う」、「四苦八苦」、「七転八倒」、「とんでもないこと」

    以上のような言葉や数字は、避けることが望ましいです。


    ダウンロード (3)

まとめ

葬儀参列のマナーまとめ

  • お通夜に参列する際のマナーについては、宗派や地域によって異なる場合があります。一般的には、以下のようなマナーがあります

    • 服装は、基本的に黒色の喪服が望ましいです。喪服には、正喪服・準喪服・略喪服の3つの種類があり、立場や弔事の種類によって装いを選ぶのが基本的なルールです。
    • 香典は、通夜・葬儀・告別式に持参し、受付で渡します。香典袋には、金額とお名前を記入します。
    • 香典の金額は、故人との関係性や付き合い、自分の年齢によって変わります。
    • 焼香には、宗派や地域によって異なるマナーがありますが、一般的には以下のような手順があります。
    • 1. 焼香台に向かって一礼します。
    • 2. 抹香を取り、香炉に投げ入れます。
    • 3. 両手を合わせ、故人に向かって一礼します。
    • 4. 焼香台から離れ、遺族に一礼してから席に戻ります。

    以上のようなマナーを守って、故人を偲び、ご遺族に寄り添いましょう。


    ダウンロード (3)

花美葬のこだわり

適正価格や丁寧な心遣いにて川崎で寄り添う元生花店

納得できる内容で安心して故人様との最期の別れを告げる葬儀

身内や親族のみ、または故人様と特に親しい友人のみを招いて行う家族葬の場合、ゆっくりと別れの時間を過ごせるといったメリットがある反面、訃報を知らせる方が限定されてしまい、本来知らせるべき知人や関わりが深かった方々が納得できる内容となるか考える必要があります。生前故人様が希望していた場合や、小規模な葬儀にしたいと考える場合等、ご家族によって様々なご事情があります。地域に寄り添う会社だからこそ、些細な不安や言葉にしづらい気持ちに丁寧に寄り添い、お見積り作成や火葬のご相談に柔軟に対応いたします。

元生花店の経験を活かして、余計な費用をかけずに安い金額で理想通りの生花祭壇をご用意しており、オプション料金ばかりで膨大な金額になってしまうといったトラブルを回避して、残された方々が納得できるプランを提案してまいりますのでご安心ください。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    地域に密着して営業しており、川崎市で後悔のないお葬式を行えるように、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。ご親戚やご友人、お仕事関係の方などが参列し、お通夜と告別式を二日がかりで行う一般的な二日葬をはじめ、ご遺族様や親しい方のみで行う家族葬、お通夜を行わず、参列者様の負担を軽減した一日葬などを行っています。直葬についても気軽にご相談いただけ、ご予算の面での不安に寄り添い、最適なプランをご提案します。

    小規模な会社ならではのフレキシブルな対応でサービスをご提供しており、川崎を拠点に年中無休でご連絡を承ります。ご逝去され、「どうすればいいのかわからない」と不安な時は気軽にご連絡ください。亡くなられた後にお葬式についてご相談いただくことはもちろん、亡くなる前にも気軽にご相談いただけます。大きな悲しみの中急いでお葬式についてプランを決めていくのではなく、ご自身やご家族様のお葬式について、事前にゆっくりと相談してみませんか。葬儀だけではなく、法事についてもご相談いただけ、場所やお料理の手配など対応いたします。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    大切な方を亡くされ、悲しみと不安でいっぱいのお気持ちに寄り添い、少しでも負担を軽減できるように、葬儀に関するご相談に対応することはもちろん、役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しており、不明な点等気軽にご質問いただけます。ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意しており、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛けるお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。

    24時間365日対応しており、お困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

    花
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 24時間365日

Access


花美葬

住所

〒210-0837

神奈川県川崎市川崎区渡田4-7-8

Google MAPで確認
電話番号

0120-56-3096

0120-56-3096

営業時間

24時間365日

定休日

年中無休

代表者名 黒澤 一歩

運営元

株式会社Laurel

本社

〒210-0006

神奈川県川崎市川崎区砂子2-8-1

所在地や連絡先など会社の情報をまとめてご案内いたします。大切な方が亡くなられた際、いつでも頼っていただけるよう、24時間365日年中無休でご連絡に対応しており、ご遺族様のお気持ちに寄り添い、お葬式までしっかりとサポートします。

Contact

お問い合わせ

-最後に-


花美葬は、川崎市にある総額の安い葬儀社です。花美葬では、故人様の人生を花で彩り、心の負担を軽減する葬儀をご提供いたします。花美葬の葬儀は、火葬式、一日葬、家族葬、一般葬から細分化された7種類からお選びいただけます。どの葬儀も、葬儀に必要なすべてのサービスが含まれており、不要な追加料金は一切かかりません。花美葬の葬儀費用は、18.8万円からと、川崎市内で最安値です。

花美葬の特徴は、花のプロが花を手配することです。花は、故人様への想いや感謝を伝える素敵な方法です。花美葬では、故人様の好きだった花や色、季節の花など、お客様のご希望に沿った花をご提案します。また、花の種類や色なども、お客様のご予算に応じて調整します。花美葬では、花のプロが花を手配して、故人様の最期を彩ります。

花美葬は、川崎市にある安い葬儀社ですが、安いだけではありません。自社で生花関連を制作することで元来発生していた葬儀社と生花店の中間マージンを廃止することに成功し、本来あるべきの適正価格でのご提供が可能になったのです。

花美葬は、安心の葬儀社でもあります。花美葬では、葬儀の手続き葬儀が終了した後もお手伝いいたします。また、葬儀費用の内訳をわかりやすくご説明します。葬儀費用のお支払いは、現金、カード、銀行振込など、お客様のご都合に合わせてお選びいただけます。花美葬では、葬儀費用を明確にして、お客様の負担を軽減します。

花美葬は、川崎で花が売りの安い葬儀社です。花で故人様のお見送りを彩る、お花いっぱいの葬儀をご提供いたします。花美葬のホームページには、葬儀の詳細やお客様の声、よくある質問など、葬儀に関する情報が満載です。もし、もっと詳しく知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

24時間365日ご相談を受け付けております。お気軽にご連絡ください。



Instagram

インスタグラム