お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日
日本の伝統文化における神棚の重要性
神棚とは?
  • check_box

    神棚の意味: 神棚は、日本の家庭や職場において、神々との関係を築くための祭祀空間です。家族の安全、健康、繁栄を守護する神々や、先祖の霊を慰める役割も果たします。

  • check_box

    神棚の設置: 一般的に、神棚は家の中で最も清らかで明るい場所、目の高さより高い位置に設置されます。南向きまたは東向きが好ましいとされ、家族が親しみやすくお供えや拝礼をしやすい場所に置かれます。

  • check_box

    神棚の起源と歴史: 神棚の起源は古代の神道信仰にさかのぼり、江戸時代には庶民の間でも普及しました。神棚は、伊勢神宮の神様、地域の氏神様、個人的に信仰する神様をお祀りするために用いられます。

神棚には御神体(ごしんたい)、お供え物、お神酒などが置かれ、日常的な祈りや季節の行事を通じて、神々や先祖とのつながりを維持しています。神棚は日本の神道信仰に基づく独自の祭祀空間であり、他の国や文化には見られない日本特有のものです。

神棚と仏壇の関係

神棚と仏教の仏壇が同じ家にあることは一般的に問題ありません。


日本の多くの家庭では、神道と仏教の要素が共存しており、神棚と仏壇を同じ空間に設置することは珍しくありません。ただし、両者を尊重するためにいくつかのマナーを守ることが推奨されています。


向きと位置: 神棚は通常、家の中で高い位置に、南向きまたは東向きに設置されます。 仏壇は、供養の際に御本尊の目線より人が下になるように設置されることが多いです。


配置のマナー: 神棚と仏壇を向かい合わせに配置することは避けるべきです。これは、どちらかにお参りする際にもう一方に背を向けることになるためです。 神棚と仏壇を上下に配置することも避けるべきです。これは、神様と仏様に優劣をつけることになり、失礼とされます。


宗教的調和: 日本には神仏習合という思想があり、神道と仏教が混ざり合う文化が根付いています。そのため、神棚と仏壇が同じ部屋にあっても宗教的に問題はないとされています。 神棚と仏壇を同じ部屋に置く場合は、適切なマナーを守りながら、両方を尊重することが大切です。

神棚を封じる理由

不幸の際に神棚を封じる理由

家族や信仰による異なる背景

  • Point 01

    「穢れ」の概念

    「穢れ」の概念: 神道では、死を「穢れ」と捉え、これは生の活力が失われた状態を指します。家族の不幸によって家の中が「気が枯れた」状態となり、この「穢れ」が神様に影響しないようにするために神棚封じを行います


  • Point 02

    神様への配慮

    神様は血や死を穢れとして嫌うとされています。家族が亡くなると穢れが発生するため、それを神様に見せないように神棚封じを行うことで、神様への敬意を示します。


  • Point 03

    喪に服する期間の尊重

    喪に服する期間の尊重: 忌中は拝礼やお供え、祭事なども行わず、神棚に触れることを控えます。これにより、静かに喪に服し、少しずつ活力を取り戻した後に、再び神様をお祀りする準備をします。


背景画像
神棚を封じるやり方

神棚を封じの手順

 神棚封じは、家族に不幸があった際に行う神道の儀式で、以下の手順で行います。


 神様への挨拶: 神棚に向かい、神様へ挨拶し、家族の誰が亡くなったかを報告します。 お供え物の撤去: 神棚にお供えしている洗米や酒、榊など全てを下げます。


神棚の扉の閉鎖: 神棚の扉があれば、それを閉めます。


白い半紙の貼付: 扉の正面を隠すように白い半紙を貼り付けます。半紙がない場合は、白紙でも構いません。


しめ縄がある場合の対応: 神棚の前にしめ縄を付けている場合は、注連縄にテープを使い白い半紙を貼り付けます。


神棚封じの期間は、家族が亡くなってから50日後の神式の忌中が明けるまでとされています。忌明けには、身を塩で清めてから礼拝をし、神棚封じを解きます。

神棚封じと古来からのしきたり

 神棚封じの歴史は、明治時代に服忌令が制定され、喪に服す期間が定められたことに始まります。昭和22年までには、忌中の期間が50日間とされ、今日に至るまでその慣習が続いています。神棚封じは、家族が亡くなった際に行われる神道の儀式であり、神道では死を穢れと見なし、神様が穢れに触れると神力を失うとされています。そのため、家族に不幸があった際には、神様に穢れが及ばないように神棚を封じるのです。これは神様への敬意として、また家族が纏う死の気配から神様を守るために行われます。穢れとは、活力や気力が失われた状態を指し、「気枯れ」とも表現されることがあります。このように、神棚封じは、家族の不幸を神様に伝えないようにするための重要な儀式として、長い間受け継がれてきたのです。

神棚封じと古来からのしきたり

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    私たちは川崎市を拠点に、川崎区を含む地域の皆様に対応する葬儀社です。心に残る葬儀を提供することを目指し、川崎市でのお葬式に関する多様なプランをご用意しています。ご遺族様の精神的、経済的負担を軽減するためのサポートを行い、一般的な二日葬や家族葬、さらには一日葬など、様々なニーズに応じた葬儀を提供しています。また、直葬のご相談も承り、ご予算に応じた最適なプランをご提案いたします。 私たち葬儀屋は、小規模ながらも柔軟な対応を心がけ、川崎市を中心に年中無休でお問い合わせをお待ちしております。突然のご逝去に際して、「どうしたらよいか」とお悩みの際は、どうぞお気軽にご連絡ください。お葬式のご相談は、ご遺族様が直面される後のことだけでなく、事前のご相談も歓迎しております。急ぐことなく、ご自身やご家族のための葬儀プランをじっくりと考える時間を、私たちは大切にしています。葬儀だけでなく、法事のご相談も承り、会場やお料理の手配までサポートさせていただきます。川崎市でのお葬式をお考えの際は、私たち葬儀社に安心してお任せください。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    川崎市にお住まいの皆様、大切な方を亡くされた際の悲しみと不安に寄り添い、川崎区の葬儀社として、葬儀に関するご相談や役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しております。川崎市の葬儀屋として、ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意し、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛ける川崎区のお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。 24時間365日対応しており、川崎市の皆様がお困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせた川崎市のお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるよう、川崎区の葬儀社としてサポートします。

    花

お問い合わせ

神棚を封じる際の疑問やご相談はお気軽にお問い合わせください。神棚は家庭内で信仰される神様を祀る場であり、封じることは重要な行事です。神棚を封じる意味や方法について詳しく説明し、家族の信仰に寄り添ったサポートを提供します。神棚を封じる際には、神様への感謝や敬意を示すために丁寧な心構えが必要です。封じ方や封じるタイミング、必要な準備など、安心して実践できるよう丁寧にご説明いたします。家庭内の神棚を封じることで、新たな節目を迎える家族の気持ちを大切にし、封じられた神様に対する感謝の気持ちをしっかりと伝えることが大切です。神棚を封じることに対する疑問や不安があれば、いつでもご相談ください。

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム