お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日

お葬式までの仮の祭壇

枕飾りとは
  • check_box

    枕飾りは、故人が亡くなった後、通夜や葬儀までの間に故人の枕元に置かれる供え物の総称です。これらの供え物は、故人の魂が迷わずあの世へ旅立てるよう導く役割を果たし、また、故人の食欲・物欲が浄化されるという意味もあります。

  • check_box

    枕飾りには一膳飯、枕団子、水、香炉、線香、燭台、花瓶、植物(しきみや菊)、鈴などが含まれます。これらの供え物は、故人の魂が迷わずあの世へ旅立てるよう導く役割を果たし、また、故人の食欲・物欲が浄化されるという意味もあります。

  • check_box

    枕飾りの内容は一般的なものであり、地域や宗派によって異なる場合もあります。例えば、浄土真宗では一般的な仏式との相違点もあるため、特有の思想やルールも把握しておくと安心です。具体的には、浄土真宗では飲食物の供え物は不要とされています。しかし、決して備えてはいけないという訳ではなく、「故人のために用意したい」という場合は、一般的な方法と同様に供えるのもひとつの選択肢です。

喪布は故人を控えめにおおう布飾りで、安らかな眠りを願い、慰霊の意味を持つ装飾アイテムです。形や色によって異なる意味があります。
枕飾りの役割

枕飾りの役割

  • Point 01

    簡易的な祭壇の役割

    枕飾りは、お通夜や葬儀に参列できない人々が、故人に対してお焼香や礼拝を行うための簡易祭壇として活用されます。故人が生前に持っていた欲望を浄化し、魂がこの世に未練を残してしがみつかないようにするためにも、枕飾りが設置されます。

  • Point 02

    食欲と物欲の浄化

    枕飾りに供えた食べ物や水は、故人の食欲や物欲を浄化する役割を果たします。食べ物によって、故人の魂が欲から解放され、成仏できるよう願われます。

  • Point 03

    魂の成仏の手助け

    枕飾りは、故人の魂が迷わずあの世へと成仏できるようにするために設置されます。亡くなった方が、この世に未練を残さずに安らかに旅立てるよう、魂の供養を行います。

背景画像
枕花とは

枕花とは

枕飾りは顔を覆う布飾りであるのに対し、枕花は故人を送る際に使用される花である点が異なる。それぞれが異なる意味や役割を持つ。枕花は故人への最後のお別れを表すとともに、故人の冥福を祈る気持ちを込めて飾られる。一方、枕飾りは故人の顔を包み、生前の顔立ちを偲ぶために使用される。枕花は花卉店が手配し、故人を送る際に使用されるため、花材やデザインに慎重に選ばれる。枕飾りは特に所作が重要であり、祭壇などに飾られることが一般的である。枕花と枕飾りは、それぞれが葬儀や告別式において大切な役割を果たす花飾りであり、その違いを理解することでさらに葬儀の意味やしきたりを理解することができる。

枕花(まくらばな)とは

枕花(まくらばな)とは、故人の枕元に飾るために贈られる花のことです。
故人の訃報を受けた後、通夜が終わるまでの間に枕元に飾られ、故人への哀悼の意を表します。

枕花を贈る際の注意点

  • 枕花の意味

    枕花は、故人への感謝や思い出を込めて贈るもので、故人と親しかった人々から贈られます。故人の魂への敬意を示し、遺族の悲しみに寄り添う象徴としても機能します。

  • 枕花のおくり方

    枕花は、故人が自宅や葬儀場に安置されている場合に、通夜の前から葬儀の終了まで枕元に添えられます。贈る際には、故人が好んでいた花や、白などの落ち着いた色の花が選ばれることが多いです。

  • 枕花を贈る際の注意点

    遺族の意向を尊重し、枕花を辞退している場合は贈らないようにします。また、派手な色や香りの強い花は避け、葬儀の雰囲気に合ったものを選ぶことが大切です。

一膳めしと枕団子


意味と作り方

 一膳めしと枕団子は、日本の葬儀の際に故人のために用意される伝統的な供物です。それぞれに深い意味が込められており、故人の冥福を祈るために大切にされています。


一膳めしの意味と作り方


一膳めしは、故人がこの世で最後に食べる食事として、またあの世への旅の途中で食べる弁当として供えられます。作り方は以下の通りです。


新しく白米一合を炊きます。 炊き上がったご飯を、故人が生前に使用していた茶碗に山盛りにします。 ご飯の中央に、故人が使用していた箸を垂直に立てます。


枕団子の意味と作り方


枕団子は、故人が冥途の旅の途中で空腹になった際に食べることができるように、また空腹に苦しむ人々に分け与えることで功徳を積むために供えられます。作り方は以下の通りです。


上新粉80gとお湯80ccを用意します。 ボウルに上新粉を入れ、お湯を少しずつ加えながら混ぜます。 耳たぶくらいの柔らかさになるまで練ります。 練った生地を6等分にし、丸い形にします。 生地を茹でるか蒸して団子を作ります。 これらの供物は、故人の魂が安らかにあの世へ旅立つことを願い、また故人への敬意を表すために用意されます。伝統的な儀式として、今も多くの家庭で大切にされている風習です。

枕団子

訃報を聞き、自宅への訪問

訃報を聞いて自宅に線香をあげに行く際のマナーについて、以下のポイントをご説明いたします。


弔問の意味とタイミング: 弔問(ちょうもん)とは、訃報を聞いてから故人(遺族)の家に出向き、お悔やみの言葉を述べてお線香をあげることです。 遺族の家に出向くタイミングは、故人との関係性によって異なります。


通夜や葬儀の予定に合わせて訪れることが一般的です。


葬儀前の弔問: 親しい親族や友人でない場合は、葬儀前に自宅へ弔問するのは控えましょう。 葬儀前に自宅へ弔問する際は、事前に伺う旨を連絡してから訪問しましょう。 玄関先でお悔やみを述べたら、ご家族にすすめられたときのみ家に上がります。 故人との対面も、ご家族にすすめられた場合のみ行います。



お線香をあげる手順: 弔問時には、故人の枕元でお線香をあげます。

About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    私たちは川崎市を拠点に、川崎区を含む地域の皆様に対応する葬儀社です。心に残る葬儀を提供することを目指し、川崎市でのお葬式に関する多様なプランをご用意しています。ご遺族様の精神的、経済的負担を軽減するためのサポートを行い、一般的な二日葬や家族葬、さらには一日葬など、様々なニーズに応じた葬儀を提供しています。また、直葬のご相談も承り、ご予算に応じた最適なプランをご提案いたします。 私たち葬儀屋は、小規模ながらも柔軟な対応を心がけ、川崎市を中心に年中無休でお問い合わせをお待ちしております。突然のご逝去に際して、「どうしたらよいか」とお悩みの際は、どうぞお気軽にご連絡ください。お葬式のご相談は、ご遺族様が直面される後のことだけでなく、事前のご相談も歓迎しております。急ぐことなく、ご自身やご家族のための葬儀プランをじっくりと考える時間を、私たちは大切にしています。葬儀だけでなく、法事のご相談も承り、会場やお料理の手配までサポートさせていただきます。川崎市でのお葬式をお考えの際は、私たち葬儀社に安心してお任せください。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    川崎市にお住まいの皆様、大切な方を亡くされた際の悲しみと不安に寄り添い、川崎区の葬儀社として、葬儀に関するご相談や役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しております。川崎市の葬儀屋として、ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意し、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛ける川崎区のお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。 24時間365日対応しており、川崎市の皆様がお困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせた川崎市のお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるよう、川崎区の葬儀社としてサポートします。

    花

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム