Google★4.9

葬儀社口コミサイト 

【川崎市】【川崎区】

上位表示の高評価を頂いております

川崎市の特徴と歴史

川崎市は神奈川県の北東部に位置し、多摩川を挟んで東京都と隣接する政令指定都市です。人口は約154万人で、神奈川県内では横浜市に次ぐ第2の都市です。市内には7つの区があり、それぞれに特色があります。市の花はつつじ、市の木はつばきです。各区にも区の花や区の木が制定されています。例えば、川崎区の花はひまわりとビオラ、区の木は銀杏と長十郎梨です。中原区の花はパンジーです。川崎市の歴史は古く、東海道や中原道などの街道沿いに川崎宿などの宿場が栄えました。川崎大師は初詣発祥の地として有名で、毎年多くの人が参拝します。明治時代以降は工業地帯として発展し、現在は京浜工業地帯の中心的な地域です。戦後は東京へのベッドタウンとしても発展し、川崎駅周辺には繁華街や商業施設が集まります。また、市の北西部には新興住宅地やタワーマンションが建ち並びます。川崎市は工業と商業、住宅と緑の調和を目指す多様な街です。

お気軽にお問い合わせください。
営業時間 24時間365日

逝去から葬儀まで

1.おおまかな流れ

  • check_box

    1. 逝去後、家族や葬儀社に連絡をする

  • check_box

    2. 葬儀社が遺体を搬送して安置する

  • check_box

    3. 葬儀の日程や内容を決める

  • check_box

    4. 遺体を清め、棺に納める

  • check_box

    5.通夜式を執り行う

  • check_box

    6.告別式を執り行う

  • check_box

    7.火葬後に近親者で骨上げをする

大切な方の逝去はとても辛い出来事ですが、まずは冷静になり、以下の手順を踏んで進めていきましょう。

1.逝去後、速やかに葬儀社の手配をします。

病院の霊安室での滞在時間が限られている場合もあります。御遺体のケアをしてくれる病院もあるので看護師にお迎えの時間を確認してください。施設やかかりつけ医がいて自宅で亡くなった際は担当の医師に連絡をします。また、自宅での突然死や不審死の場合は警察に連絡してください。ここで死亡診断書の受け取りを済ませます。


2.逝去後、24時間以内の火葬はできないので葬儀当日まで御遺体を安置します。

ご自宅で安置が難しい場合、葬儀社の安置施設や専用の保管施設、斎場などへの安置場所の手配が必要です。葬儀社と相談し、最適な施設を選びます。


3.葬儀社との打ち合わせを行う

家族で執り行う家族葬と多くの方に参いただく一般葬では葬儀費用も日程調整も変わってきます。火葬場や式場の空き状況などを確認しながらご遺族にとって最適な日時、プランを選ぶことが重要です。


4.葬儀の前に御遺体を清め納棺を行います。

白装束に着替え、ご遺族で旅支度をします。故人が好んでいた衣服やお菓子を収める事も可能です。ただ、貴金属やガラス類の燃えないものを棺に納める事はできないので注意してください。火葬場により、入れられないものが異なるので事前に葬儀社に確認が必要です。


5.開式の1時間前には斎場に到着するようにします。

確認で葬儀社と改めて席次や段取りの打ち合わせをします。ここで初めて司会者と会うことが多いので分からないことがあれば確認しましょう。読経があれば宗教者への挨拶も開式前に葬儀社の案内で済ましてください。

通夜振舞いがある場合は数時間で終わるのが一般的です。お通夜終了後に一般参列者が帰宅後に葬儀社と告別式の確認をします。


6.告別式開式の1時間前には式場に到着します。

弔電の拝読の確認や返礼品の残数、精進落としの料理の確認などを葬儀社からの説明を受けてください。告別式では焼香を喪主から近い親族、会葬者に順におこないます。読経終了後、故人に生花を手向け最期のお別れをします。


7.お別れ後に棺の蓋を閉じ、火葬所に向かい火葬となります。

火葬をするには火葬許可証が必要となりますので葬儀社に事前に預けておくと良いでしょう。火葬後、喪主から故人と血縁の深い方から二人一組で遺骨を拾って骨壺に納めます。収骨後に埋葬許可証を受け取ります。この許可証がないと納骨ができない為、大事に保管してください。火葬中に精進落としのお料理を頂く場合も収骨後に会食に行かれる場合もあるので事前に流れを共有してください。

2. 葬儀の打ち合わせ

2. 葬儀の打ち合わせ

花美葬の約束

  • Point 01

    地域密着の葬儀サービス

    川崎市で後悔のないお葬式を行えるよう、様々なお葬式のプランをご用意しています。充実したサポート体制でご遺族様の負担を少しでも減らせるように努めておりますので、葬儀に関することは何でも気軽にお頼りください。

  • Point 02

    一葬家一担当の丁寧な対応

    一葬家一担当制でお葬式を執り行います。不明な点等気軽にご質問いただけます。各宗派や宗旨に合わせたお葬式ができ、四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるようサポートします。

  • Point 03

    高品質な生花祭壇のご用意

    生花祭壇専門の葬儀社として、生花関連を自社制作により中間マージンが発生しないため、大幅に葬祭費用を抑える事が可能となり、お客様への還元が可能となりました。

背景画像
3. 役所手続きと必要な手続き
3. 役所手続きと必要な手続き

葬儀に関わる手続きは多岐にわたりますが、特に役所での手続きや関係書類の準備が重要です。まず、亡くなった方の死亡届を役所に提出する必要があります。死亡届は、亡くなった方が住民票を置いていた市区町村の役所に提出します。手続きには、亡くなった方の住基カードや健康保険証などの身分証明書、施設から発行された死亡診断書などが必要となります。

また、葬儀後には各種関係書類の手続きが必要です。例えば、ご遺族名義の口座解約手続きや、クレジットカードなどの解約手続きがあります。これらの手続きは、直接各金融機関やクレジットカード会社に連絡して行う必要があります。

その他にも、亡くなった方の年金や退職金の受給停止手続き、保険金の申請手続きなども必要です。これらの手続きは、各機関や保険会社に連絡して手続きを進める必要があります。手続きの内容や必要な書類などは、各機関や会社によって異なる場合があるため、事前に確認しておくことが重要です。


細かく挙げると、以下のように多岐にわたります。


葬儀後には、多くの手続きが必要です。死亡届の提出、埋火葬許可証の交付申請、葬祭費・埋葬費の支給申請、健康保険の資格喪失・資格取得、介護保険料過誤納還付金の請求、年金受給権者死亡届(報告書)の提出、遺族基礎年金・遺族厚生年金の請求、免許証・パスポート等の返納、公共料金等の手続き、雇用保険受給資格者証の返還などがあります

遺産相続手続きも必要です。お通夜、葬儀、各種法要が終わり、やっとひと段落したと思っても、そこからが相続手続きの本格的な開始なのです。普段から慣れている手続きであれば抵抗なくスムーズにできるかもしれませんが、相続に関する手続きは、人の「死亡後」というタイミングで初めて行う手続きばかりです。

遺産相続手続きについては、専門家に相談することをお勧めします。専門家のご紹介も承っております。


葬儀に関わる手続きは、亡くなった方の遺志や家族の状況によって異なる場合があります。ご遺族にとって負担にならないよう、様々な手続きをスムーズに進めるためにも、事前に計画を立てておくことがおすすめです。遺族相談窓口や関連する専門の方々に相談しながら、必要な手続きを進めていきましょう。

4. 葬儀の連絡

葬儀の連絡をする際は電話連絡が一般的です。

故人が亡くなった事を知らせる訃報連絡もかねて、なるべく早く伝えましょう。


その際、葬儀の日程や場所が決まっている場合はその旨も伝えます。


近い親戚、知人への葬儀案内は喪主が行います。

その他、遺族の友人、知人、会社などには該当する遺族の方が連絡を行います。


お勤めの会社には直属の上司に不幸があり、休まなけれなならない旨をつたえます。


深夜などの連絡はさけ、メールなどで事前に報告し改めて電話での連絡をすることが望ましいでしょう。


一般葬など、多くの会葬者に参列を希望される場合は町内会の役員に相談し、掲示板に訃報紙の啓示を依頼してください。


また、近年では友人宛や知人宛にはLINEなどのSNSでの訃報連絡も増えてきています。


<わかりやすく数字順にご案内します>

  1. まず、故人の親族や友人、知人、職場の上司や同僚、学校の先生などに、故人の訃報を伝えます。
  2. 次に、葬儀の日程や場所、時間、アクセス方法、参列の有無、供花や供物の有無などを伝えます。
  3. 連絡方法は、電話、手紙、メール、SNSなどがあります。近しい人には電話で、遠方の人には手紙やメールで連絡することが一般的です。
  4. 連絡先がわからない場合は、故人の携帯電話やアドレス帳、職場の連絡先リスト、学校の連絡網などを活用すると良いでしょう。
  5. また、葬儀の連絡は、故人の親族や家族が行うことが一般的です。しかし、親族や家族が多忙であったり、連絡先がわからなかったりする場合は、葬儀社や葬儀会社に依頼することもできます。
4. 参列者への連絡とお礼の準備

5. 葬儀後にやること

①法要・納骨・供養

②行政の諸手続き

③遺産の相続手続き

④お世話になった方々への挨拶回り

⑤年金受給者死亡届

⑥介護保険資格喪失届

⑦住民票の抹消届

⑧国民健康保険の脱退

⑨雇用保険受給者資格証の返還

いずれも速やかに行うことが大事です。期限付きの手続きもあるので注意が必要です


川崎市の葬祭費の申請

国民健康保険の被保険者が死亡した場合、葬儀を行った方に葬祭費の支給があります。

会社の健康保険等の被保険者が資格を喪失してから3か月以内に死亡した際には会社の

健康保険から葬祭費に該当する葬祭費を給付を受ける事ができます。


支給金額 1人50,000円

葬儀社を選ぶ

無事に葬儀を終える為に

信頼できる葬儀社の選択が必須です

信頼できる葬儀社を選ぶポイント

  • # 01

    葬儀社の種類

    葬儀社には、葬儀専門の葬儀社、互助会、JA・生協などがあります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った葬儀社を選びましょう

  • # 02

    葬儀社の評判

    葬儀社の評判を確認することも大切です。インターネット上の口コミや、知人からの紹介などを参考にしましょう

  • # 03

    葬儀社の対応

    葬儀社の対応も重要です。親身になって話を聞いてくれるか、丁寧な対応をしてくれるかなどを確認しましょう。

  • # 04

    費用

    葬儀の費用は、葬儀社によって異なります。複数の葬儀社を比較検討し、自分に合った費用プランを選びましょう。

  • # 05

    葬儀社の所在地

    葬儀社の所在地も重要です。故人様の住んでいた地域や、自宅から近い場所にある葬儀社を選ぶと、葬儀の準備がスムーズに進みます。

  • # 06

    対応が好印象

    初めての電話や訪問時の対応が丁寧であること。

  • # 07

    親身な説明

    お客様の希望をきちんと聞いた上で、プランや見積りを出してくれる

  • # 08

    明瞭な費用

    費用が明瞭で、その内容について詳細な説明がある。

  • # 09

    強引な営業

    悲しみや不安に暮れている中で契約をせかさす、無理強いしない事。

信頼できる葬儀社を探すには事前の相談が最適の近道になります。

ぜひ、後悔のない葬儀の為に事前の相談や事前見積もりの取得をお勧めいたします。

川崎市の葬祭費について


葬祭費とは、国民健康保険や後期高齢者医療制度の加入者が死亡した場合、葬儀を行った方に支給される補助金のことです。葬祭費の支給金額は、川崎市も横浜市も一律で5万円です

葬祭費の申請には、以下の書類が必要です。

  • 申請者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
  • 印鑑(シャチハタなどは不可。朱肉を使用する印鑑)
  • 葬儀社の領収書や請求書など喪主であることが確認できる書類
  • 申請者の金融機関などの預貯金口座の口座番号控え

葬祭費の申請は、亡くなった方の住民票がある区で行う必要があります。申請期限は、葬儀を行ってから2年以内に申請してください。


About us

後悔のないお葬式を行えるように様々なプランときめ細やかなサポートをご提供

  • 地域に密着した小規模な会社ならではの柔軟な対応でお見送りをサポート

    私たちは川崎市を拠点に、川崎区を含む地域の皆様に対応する葬儀社です。心に残る葬儀を提供することを目指し、川崎市でのお葬式に関する多様なプランをご用意しています。ご遺族様の精神的、経済的負担を軽減するためのサポートを行い、一般的な二日葬や家族葬、さらには一日葬など、様々なニーズに応じた葬儀を提供しています。また、直葬のご相談も承り、ご予算に応じた最適なプランをご提案いたします。 私たち葬儀屋は、小規模ながらも柔軟な対応を心がけ、川崎市を中心に年中無休でお問い合わせをお待ちしております。突然のご逝去に際して、「どうしたらよいか」とお悩みの際は、どうぞお気軽にご連絡ください。お葬式のご相談は、ご遺族様が直面される後のことだけでなく、事前のご相談も歓迎しております。急ぐことなく、ご自身やご家族のための葬儀プランをじっくりと考える時間を、私たちは大切にしています。葬儀だけでなく、法事のご相談も承り、会場やお料理の手配までサポートさせていただきます。川崎市でのお葬式をお考えの際は、私たち葬儀社に安心してお任せください。

    花美葬
  • 故人様をお見送りする花屋ならではの

    こだわりの生花祭壇をご用意

    川崎市にお住まいの皆様、大切な方を亡くされた際の悲しみと不安に寄り添い、川崎区の葬儀社として、葬儀に関するご相談や役所手続きの代行等、幅広くサポートしています。安心してお葬式を執り行えるように、一葬家一担当制で丁寧にご説明しながら対応しております。川崎市の葬儀屋として、ご予算に合わせてお選びいただけるよう複数のプランをご用意し、高額につながりやすい無駄なオプションを省き、本当に必要なサービスをご提供いたします。花屋が手掛ける川崎区のお葬式として、生花祭壇に力を入れており、中間マージンが発生しないため、比較的リーズナブルに祭壇が作れます。 24時間365日対応しており、川崎市の皆様がお困りの際は気軽にご相談いただけます。ご逝去されてから病院やご自宅などからご遺体の安置場所までの移動もお任せください。打ち合わせを重ね、日程や式場などを決め、参列者様の予定人数に合わせた見積りをお出しします。相見積りも歓迎しており、悔いのないお葬式となるよう、費用面の不安についても気軽にご相談いただけます。各宗派や宗旨に合わせた川崎市のお葬式ができ、初七日や四十九日などの法事にも対応しています。亡くなられた後だけではなく、亡くなる前の終活としてもご利用いただけ、ご自身の最期のお別れの儀式が満足できるものとなるよう、川崎区の葬儀社としてサポートします。

    花

葬儀の手続きは、故人を尊重し、遺族の心の平穏を保つために極めて重要です。この手続きは、故人の人生を振り返り、その遺志を次世代に伝えるための貴重な機会を提供します。また、法的な手続きを適切に行うことで、遺産の分配や遺言の実行が円滑に進みます。故人の意向を反映した形での手続きは、遺族間の紛争を防ぐためにも不可欠です。さらに、社会的な手続きを通じて、故人の社会的な存在を正式に終結させることができます。このように、葬儀の手続きは、個人的な感情だけでなく、法的、社会的な側面においても、その重要性が際立っています。

Contact
お問い合わせ

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事